2010年10月10日(日)

アイドラーアームの交換 − ハンドルの微振動対策

先日、take-Mさんにてエンジンオイルを交換した際に、「100(+α)km/hぐらいで少しハンドルが振動するんですけど・・・?」と相談してみると、アイドラーアームのブッシュのガタを指摘された。確かに、センタータイロッドを手で動かすと、少しガタガタと動く。

アイドラーアームは一昨年の年末に交換したばかりなのに。$18.70の安物のアイドラーアーム(ブッシュ付き)はダメだなぁ・・・。やはり、ハンドルの微振動は気になるので、アイドラーアーム(ブッシュ付き)を交換してみることにした。アイドラーアームは、図1の赤色の部分である。


図1 アイドラーアーム

交換にあたっては、図1の[8]のセルフロックナットも新品にしておこう。

さて、交換作業だが、まずは写真1のように、車のフロント側をジャッキアップしてウマをかける。しつこいようだが、車の下に潜る作業をするときは、水平な固い地面の上で、ウマをかけて作業しよう。輪留めも忘れずに!


写真1 車にウマをかけたところ

車の下(左側)を見ると、写真2のように、センタータイロッドに付いているアイドラーアーム(赤矢印)が見える。


写真2 アイドラーアーム

最初に、このアイドラーアームのセンタータイロッド側(図1の[8])のセルフロックナットを緩める。写真3のようにメガネレンチ(17mm)で回せばナットが緩むはずだ。このロックナットは、外す直前まで緩めておく(外さない)。


写真3 ロックナットを緩めているところ

そして、写真4のようなプーラーを使ってアイドラーアームをセンタータイロッドから分離する。


写真4 プーラー

このプーラーは鍛造製の丈夫なものなので、安心して使える。

このプーラーを写真5、6のようにセンタータイロッドのボールジョイントとアイドラーアームの間に取り付ける。


写真5 プーラーを取り付けたところ(1)


写真6 プーラーを取り付けたところ(1)

そして、プーラーのボルトを締め込んでいくと、比較的簡単にアイドラーアームが外れるはずだ。アイドラーアームがボールジョイントから外れたら、セルフロックナットを外しておこう。

次に、アイドラーアームのブッシュが付いている方(メンバー側)のナットを外す。上のボルト(17mm)を供回りしないようにメガネレンチで押さえて、写真7のように下側からナット(19mm)を緩める。


写真7 ナットを緩めているところ

ナットを外して、ボルトを上に引き抜けば、アイドラーアームが外れる。

さて、今回用意したアイドラーアーム(ブッシュ付き)は、写真8、9のようなLEMFÖRDER製のものである。これは、OEMなので、BMW純正のものと同じ品質だ。ちなみに、前回のものはMTC製だ。


写真8 アイドラーアーム(ブッシュ付き)とセルフロックナット(1)


写真9 アイドラーアーム(ブッシュ付き)とセルフロックナット(2)

アイドラーアーム  32-21-1-136-450  $41.25
セルフロックナット  07-12-9-922-436  $1.00

アイドラーアームは、他の部品とともにアメリカのペリカンパーツから購入した。

写真10は、恒例の新旧部品比較だ。


写真10 新旧のアイドラーアーム(上:交換前、下:新品)

なんか、新品のアイドラーアームは少し塗装が剥げていたりして、どっちが新しいのかよくわからない・・・?

さて、今度は、新品のアイドラーアームを車体に取り付ければよい。取り付け方は、写真11のようにブッシュの付いている方をメンバー側にボルトで固定し、次に、センタータイロッド側を新しいセルフロックナットで取り付ける。


写真11 アイドラーアームの取り付け方

なお、締め付けトルクは、以下の通りである。ただし、センタータイロッド側はトルクレンチが入らないので、「手ルクレンチ」だ(笑)。

センタータイロッド側: 37 N・m
メンバー側: 42 N・m

最後に、新しいアイドラーアームを取り付けたところを写真12に示す。


写真12 新しいアイドラーアームを取り付けたところ

まだ走行テストをしていないのでわからないのだが、これで、ハンドルの微振動が消えてくれればいいが・・・。現在の走行距離は、148,150km。


アイドラーアームの交換後、少しテスト走行してみた。100(+α)km/h走行時にでるハンドルの微振動は、完全には消えていないものの、かなり小さくなった。

それよりも、アイドリングアーム交換前には、カーブや交差点を曲がった後に、少しハンドルを修正する必要があったのだが、交換後は、修正しなくてもピタッとラインが決まるようになった。これは、テスト走行で最初の交差点を曲がったときに気づいた。

この不安定性については、「天井の内張り交換 − R100RSさんのご厚意により」で報告したように、富山まで行った帰りに といさんがDD号を運転したのだが、その時に といさんに指摘されていたものだ。DDはいつもDD号を運転しているので、ハンドリングの不安定性には気づかなかったのだが、今回アイドリングアームを交換して、やっと気づいた(苦笑)。一発で見抜くとは、といさん、恐るべし・・・。伊達に数百台も試乗してないなぁ。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ