2019年5月11日(土)

DD2号 タイヤ空気圧警告  − 再び

DD2号 タイヤ空気圧警告  − リセット」で報告したように、タイヤ空気圧警告が表示されたが、タイヤを見ても特に問題なかったので、リセットだけしておいた。しかし、今日、運転していると再び写真1のようなタイヤ空気圧警告が表示された。


写真1 タイヤ空気圧警告

CCCにも写真2のような警告が表示されている。


写真2 CCCの表示

さすがに2週間で2回も空気圧警告が表示されるのは何かがおかしい。幸い、自宅の近くだったので自宅に戻って4つのタイヤの空気圧を測ってみた。すると、左前のタイヤの空気圧が写真3のように1.2kgf/cm2しかない。これは空気圧警告も出るだろう。


写真3 空気圧の測定

どうやら左前のタイヤの空気が徐々に抜けているようだ。とりあえず、写真4のようにジャッキアップしてタイヤを外そう。


写真4 ジャッキアップしたところ

タイヤを外して写真5のように自転車の空気入れて空気を入れる。


写真5 空気を入れているところ

タイヤの接地面をじっくり見て行くと、写真6のような異物が刺さっていた。


写真6 刺さっている異物

原因はこれだろうか? 空気漏れを確かめるために、写真7のように石鹸水をスプレーしてみた。


写真7 石鹸水をスプレーしているところ

しかし、どうも泡が出ているように見えない。そこで、写真8のように異物を取り除いてみた。


写真8 異物を取り除いているところ

取り除いてみると、この異物は小さいものだった。写真9のように、取り除いた後に石鹸水をスプレーしてみても空気が漏れている様子はない。どうやら、ここが原因ではないようだ。


写真9 異物を取り除いた後

その後、写真10のように、スプレーを片手にタイヤの接地面を入念に調べたが、空気が漏れているようなところはなかった。


写真10 タイヤの接地面

しかたがないので、写真11のように再び空気を入れてタイヤを左前に付けた。これでしばらく様子を見てみよう。


写真11 空気を入れたところ

とりあえず、今日のところは写真12のように空気圧警告をリセットしておいた。


写真12 空気圧警告のリセット

1週間ほどしてから再び空気圧を測ってみよう。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ