2019年2月9日(土)

DD2号  トランクの開閉 − トランクダンパー

結局、ドランクの内張りを調整しても、トランクを開けるときに引っ掛かるのが直っていなかった。トランクを閉めた直後なら引っ掛からずに開くが、1〜2日トランクを閉めたままにしてから開けると引っ掛かる。例えばリモコンでトランクを開けると、「ガコッ」という音とともに、写真1のように少しだけトランクが開いて引っ掛かる。


写真1 引っ掛かったトラック

やっぱりトランクダンパーが原因だろうか? トランクダンパーはこのときに新しいものに交換しているので、反発力は問題ないはずだ。とりあえず、トランク左右の内張りを外してトランクダンパーを見てみよう。まずは、写真2のフック(タイダウンリング)を外す。


写真2 フックの位置

これを外すには、黒いプラスチックカバーを取った後、写真3のようにT-40のトルクスでボルトを外せばいい。


写真3 フックを外しているところ

その後、写真4のように、トランクルームマットとカーペットを外す。


写真4 トランクルームマットとカーペットを外したところ

左右のトランク内張りを外す前に、写真5の赤矢印で示すネジを外して、トランクルームシルカバーを外す。


写真5 トランクルームシルカバーを外すネジ

このあたりの作業は、このレポートに詳しい。写真6にトランクルームシルカバーを外したところを示す。


写真6 トランクルームシルカバーを外したところ

いよいよトランク左右の内張りを外すのだが、まずは写真7の赤矢印で示した大きなプラスチックネジを外す。


写真7 大きなプラスチックネジ

そして、写真8のように、トランク左右の天井側にある2つのプラスチックのリベットを内装外しで外す。


写真8 リベットの位置

これらのプラスチックネジやリベットを外せば、トランク左右の内張りを外すことができる。写真9に左側の内張りを外したところを示す。


写真9 左側の内張りを外したところ

トランク右側の内張りには、写真10のような緑色のプラスチックの丸いレバーが付いている。


写真10 緑のレバー

おそらく、これはフューエルリッドがロックされたままになったときに開けるためのレバーであろう。このレバーは、写真11のように丸い部分だけ外すことができる。


写真11 先を外したところ

これを外すと、右側の内張りを外すことができる。さて、左右両方の内張りを外せば、左右の奥に1本ずつトランクダンパーが見えるはずだ。写真12は左側のものだ。


写真12 左側のトランクダンパー

特に動きがおかしなところはないのだが、念のためにバンパーの端の取り付け部分に、写真13のようにCRC5-56を吹いておいた。


写真13 CRC5-56を吹いているところ

また、ダンパーのシャフト部分には、写真14のシリコングリスを付けておこう。


写真14 シリコングリス

これを写真15のように、ダンパーのシャフトに塗る。


写真15 シリコングリスを塗っているところ

あとは左右のトランク内張りを元に戻せば作業完了だ。これでしばらく様子を見てみよう。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ