2016年12月25日(日)

DD2号  トランクダンパーの交換 − 互換品

最近、トランクダンパーが劣化してきており、リモコンでトランクを開けても少ししか開かず、手で開けなければならなかった。そろそろトランクダンパーを交換する時期だろうか。写真1にトランクを開けたところを示す。


写真1 トランクを開けたところ

トランクダンパーを交換するためには、トランク左右の内貼りを外さなくてはいけない。トランク内貼りを外す方法については「DD2号 バックカメラの取り付け − その1 」を参照してもらうとして、写真2に内貼りを外したところを示す。


写真2 内貼りを外したところ

すると、写真2の赤矢印のところにトランクダンパーが見える。これは左側だが、もちろん右側にも同じものがある。では、早速交換してみよう。その前にダンパー交換中にトランクが落ちてこないように、写真3のようにしてつっかえ棒を入れておく。


写真3 つっかえ棒を入れたところ

この状態でトランクの中に潜り込み、ダンパーの根元を観察すると、写真4のようになっていることがわかる。こちら側は奥側(車体取り付け側)だ。


写真4 ダンパーの取り付け部分

写真4の赤矢印のところにマイナスドライバー差し込むと、写真5のように金属のクリップを外すことができる。このクリップを外すと、トランクダンパーの端の固定が外れる。


写真5 クリップを外しているところ

写真6に示すダンパーの逆側(トランク蓋側)も同様にして外す。


写真6 ダンパーの逆側

両端の固定を外せばダンパーを取り外すことができる。一方、新しいダンパーは純正ではなく互換品を準備した。2本で2,481円(送料込み)であった。写真7に新旧のダンパーの比較を示す。


写真7 新旧ダンパーの比較(上:古いダンパー、下:新品)

用意した互換品は古いダンパーより少しだけ長く、形状そのものもちょっと違う。でも、取り付けには問題なさそうだ。新しいダンパーの取り付け方法は外すのと逆の手順だ。写真8に新しいダンパーを取り付けたところを示す。


写真8 新しいダンパーに交換したところ

左右ともにダンパーを交換し、内貼りを元に戻せば作業完了だ。内貼りを外すのが面倒だけど、ダンパーの交換作業自体は比較的簡単だ。

作業後は、ダンパーの反発力が回復したので、写真9のように閉めたトランクをリモコンで開けると、写真10のように一番上まで勝手に開く。


写真9 閉まっているトランク


写真10 トランクを開けたところ

トランクがうまく開くようになったのはいいが、今度は閉めるためにかなり力が必要になった。まぁ、勝手にトランクが落ちてくるよりはいいか。なお、トランクダンパーの交換というとお決まりの写真 が必要だが、今回は一人で作業したので撮れなかった。ちょっと残念・・・。


 

■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ