2018年10月27日(土)

DD2号 イグニッションコイルの点検 − 1番2番シリンダー

どうも1番2番シリンダーのイグニッションコイルが怪しいとわかったDD2号だが、とりあえず、1番2番のイグニッションコイルを点検してみることにした。まずは、写真1のようにボンネットを開ける。


写真1 ボンネットを開けたところ

次は、あれやこれやを外して、写真2のようにエンジンカバーを外す。


写真2 エンジンカバーを外したところ

すると、写真3の赤矢印で示すところに1番2番シリンダーのイグニッションコイルが見える。


写真3 1番2番シリンダーのイグニッションコイル

とりあえず、写真4のように、1〜3番のイグニッションコイルを示す。


写真4 イグニッションコイル

写真4の赤矢印で示したものが1番2番シリンダーに付いていたイグニッションコイルである。写真5に示すようにBOSCHのマークが付いている。


写真5 BOSCHのマーク

3番シリンダーに付いていたイグニッションコイルとじっくり見比べたが、外見上は何も変わるところはなかった。そこで、写真6、写真7のように、イグニッションコイルの電極やコネクタをアルコールと綿棒でしっかり掃除して元に戻しておいた。


写真6 綿棒で電極を掃除しているところ


写真7 綿棒でコネクタを掃除しているところ

これでまたしばらく様子を見てみよう。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ