2018年10月20日(土)

DD2号 1番2番シリンダー失火 − イグニッションコイル?

以前に、5番6番シリンダーが失火したことを報告したが、その後は特に問題なく快調に走っていた。しかし、先日、アクセルを踏み込んだときに、エンジンの警告灯が点灯し、同じようにエンジンがスムーズに回らなくなった。なんとか近くの駐車場に移動してエンジンを停止した後、再びエンジンを始動すると何事もなかったかのようにスムーズにエンジンが回る。どうして?

とりあえず、帰宅した後にOBD IIポートにPCを接続してIPAでエラーを確認してみると、図1のようにシリンダー1番と2番に失火が記録されていた。


図1 シリンダー1番2番失火の記録

前回の失火の際にチェックした時に、5番6番シリンダーに付いていたイグニッションコイルを1番2番のものと入れ替えておいた。すると、今回、1番2番シリンダーで失火が起きたということは、少なくとも原因の一つは1番2番シリンダーに付いているイグニッションコイルだと言える。近いうちに、もう一度イグニッションコイルを重点的にチェックしてみよう。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ