2013年1月20日(日)

燃料フィルタの交換 − BOSCH製

この夏にエンジンがかからなくなって燃料ポンプを交換したことを報告したが、ついでだから燃料フィルタも交換してみた。詳細な手順については、「燃料ポンプと燃料フィルターの交換 − 壊れる前に」を参照のこと。

燃料フィルタを交換するには、燃料ホースから圧力を抜いておく方がいい。そこで、エンジンを始動させた状態で写真1のヒューズを外す(ヒューズ番号23)。


写真1 燃料ポンプのヒューズ(23番)

このヒューズを抜くと燃料ポンプが停止し、数秒でエンジンがストールする。これで燃料ホースから圧力が抜けるはずである。

次に、車の右後方をジャッキアップして右リアタイヤを外し、下から覗き込むと、写真2のように燃料フィルタが見える。


写真2 燃料フィルタ

写真の両端にある赤矢印のホースクランプを緩めると、ホースが抜ける。また、中央の矢印の先にあるボルトを外すと、燃料フィルタを外すことができる。

さて、今回購入した燃料フィルタは写真3のようにBOSCH製のものである。価格は$9.50だった(送料含まず)。


写真3 購入した燃料フィルタ

取り外した燃料フィルタと比べてみると、写真4のように少し違う。


写真4 新旧比較(左:新、右:旧)

以前に交換したものは、Mahleのものだったようだ。

取り付け作業は基本的に取り外しの逆だが、燃料フィルタ本体には矢印が書かれており、これが燃料の流れる方向になるように取り付けなければいけない。燃料フィルタを外すときに矢印の方向を覚えておこう。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ