2019年1月26日(土)

DD2号  トランクの開閉 − ひっかかり?

以前から、DD2号のトランクをしばらく開けないまま何日がおいておき、その後トランクを開けようとすると、一気に開かずロックが外れたところで引っ掛かる。写真1にDD2号のトランクを示す。


写真1 DD2号のトランク

トランクリッドには、この時にもらった「Club of The E34」のエンブレムが貼ってある。それはさておき、トランクは写真2のリモコンボタンでも開けることができる。


写真2 DD2号のリモコン

写真2の赤矢印のボタンを押すと「ガコン!」と音がしてロックが外れるのだが、写真3のように少しトランクが開いたところでひっかかる。


写真3 ひっかかったトランク

このとき、手で少しトランクリッドを上げてやると問題なくトランクが開く。しかし、途中でひっかかるのが少し気になる。トランクは、写真4のトランクリッドに付いているロック機構によりロックされている。


写真4 ロック機構

ちなみに、リモコンを使わずに手でトランクを開けるときには、写真4のBMWエンブレムの上側を押し込めばロックが外れる。しかし、最近は、エンブレムの上側を押し込んでも「ガコン!」という音がして少しトランクが開くだけでひっかかる。

このロック機構をよく見ると、トランクが閉まってロックしているときは、ロック機構が写真5のようになっている。


写真5 ロック時のロック機構

この部分が写真6の棒の部分にひっかかってトランクが閉まっている。


写真6 ロック機構の棒

リモコンのボタンを押すと、ロック機構が写真7のようになってロックが外れトランクダンパーが伸びることでトランクが開く(はず)。


写真7 ロック解放時のロック機構

どうしてここでトランクを開けるときにひっかかるのかよくわからないが、とりあえず写真8のようにロック機構の棒の部分にスプレーグリスを吹きかけておいた。


写真8 スプレーグリスをかけているところ

写真9にグリスをかけた棒を示す。


写真9 グリスをかけた棒

これでしばらく様子を見てみよう。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ