2018年8月12日(日)

DD2号 ボンネットの裏 − 水垢取りで

以前から洗車するたびに気になっていたことがある。それはボンネットの裏側に水垢が付いていることだ。洗車で水を拭き取るときにボンネットを開けて裏側の水滴を拭くのだが、DD2号は白色なので、前側の縁に付いている水垢が気になっている。写真1にDD2号のボンネットの裏側を示す。


写真1 ボンネットの裏側

この縁に付いている水垢を写真2に示す。


写真2 水垢

この水垢はタオルで拭いただけでは取れない。そこで、写真3のような道具を用意した。


写真3 用意した道具

写真3の水垢取り(水アカスポットクリーナー)を使えば取れそうだが、ボンネットの裏側にこれを使おうとすると、エンジンルームに水垢取り液が垂れてしまうかもしれない。そこで、写真3の左側のマスカーを使ってエンジンルームを養生することにした。まずは、写真4のように、エンジンルームの端にマスカーを貼る。


写真4 マスカーを貼ったところ

そして、写真5のようにマスカーを広げる。


写真5 マスカーを広げたところ

同様にして、写真6のようにエンジンルーム全体をカバーするようにマスカーで養生する。


写真6 エンジンルームを養生したところ

エンジンルームが養生できたら、遠慮なく写真7のように水垢取りをボンネットの裏側にかける。


写真7 水垢取りをかけているところ

そして、写真8のように刷毛で汚れを落としていく。


写真8 刷毛で汚れを取っているところ

何度もゴシゴシと擦って水垢を取った後、濡れタオルで拭き取ると、写真9のように水垢がスッキリ取れる。


写真9 水垢を取ったところ

写真9の右側が水垢取りで汚れを落としたところだ。左側と比べると汚れが落ちているのがわかるだろう。このようにして、ボンネット裏側の縁の汚れを落とした。写真10に汚れを落としたボンネットの裏側を示す。


写真10 汚れを落としたボンネット裏

拡大してみると、写真11のように汚れがスッキリ落ちていることがわかる。


写真11 汚れが落ちたボンネットの裏

これで次から洗車のときに、ちょっと気持ちいいかも・・・。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ