2018年1月6日(土)

DD2号 バッテリー交換の登録 − INPAにて

先日DD2号のバッテリーを交換したのだが、どうやらバッテリーを交換したらコンピュータに交換したことを登録しないといけないらしい。なんてメンドクサイ車だ。まぁ、文句を言ってても仕方がないので、サクッと登録してみることにした。

交換前のバッテリーは110Ahのもので、今回交換する際に用意したバッテリーは100Ahの容量だ。大きさも少し小さいが、両方ともAGMバッテリーではない。バッテリーの容量や種類を変更する際には、それもCASモジュールに設定しなおさないといけないらしい。容量については90Ahや110Ahの設定はあるが、100Ahの設定はない。ピッタリの設定がない場合は、少し大きめの容量で設定するらしい。ということは110Ahか。となると、これまでの設定を変更しなくてよく、バッテリーを交換したことを車両に登録するだけでいい。

まずは、いつものように車両にPCを接続し、イグニッションをONにしてから図1INPAを起動する。


図1 INPAを起動したところ

DD2号はE63だが、E63の設定はないので代わりにE60を設定するためのF9を押す。すると図2のウィンドウが現れる。


図2 コンポーネント選択画面

DD2号はE63 630iのLCI(マイナーチェンジ後)なので、そのエンジンはN52の後のN52K(あるいはN52TU)である。そこで、左カラムから「Engine」を、右カラムから「MSV 80.0 For N52KP (NG6)」をダブルクリックして選択する。すると、図3のような画面が現れる。


図3 MSV 80.0メインメニュー

ここで、StatusのF5キーを押すと図4の画面が現れる。


図4 Status表示選択画面

バッテリー関連はIBS - PowermanagementなのでF5キーを押す。すると、図5の画面が現れる。


図5 Power management画面

このPower management画面でrecord battery changeのF5キーを押すと、図6のようなダイアログボックスが現れてバッテリーの交換が記録される。


図6 ダイアログボックス

これで登録完了だ。意外と簡単な作業だな。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ