2017年6月25日(日)

DD2号 ホイール補修 − その12

とりあえず、メタリックシルバーを塗ったホイールだが、今回は無謀にもバイカラーに挑戦しようと思っている。そう、2色塗装だ。そう、無謀な挑戦だ(笑)。

シルバーメタリックを塗装したホイールを写真1に示す。


写真1 シルバーを塗装したホイール

バイカラーにするためには、シルバー色を残したいところにマスキングしていく。まずは、写真2のようにリム部分からマスキングテープを貼っていく。


写真2 リムにマスキングテープを貼っているところ

さらに、写真3のようにマスキングテープを貼り重ねていく。


写真3 マスキングテープを貼り重ねているところ

このリム部分の塗装を残すためにマスキングしているのだが、マスキングの境目が曲線になる部分には写真4のような曲線用のテープを使う。


写真4 曲線用マスキングテープ

写真5のように、このテープをリムの内側に曲げながら貼っていく。この部分は塗装色の境目になるので、慎重に貼っていこう。


写真5 曲線用マスキングテープを貼ったところ

写真5の赤矢印の部分は凹んでいるので、マスキングテープが浮かないようにキッチリ貼ろう。

リム部分にマスキングテープが貼れたら、写真6のようにスポーク部分にも貼っていく。


写真6 スポーク部分にマスキングテープを貼っているところ

写真7のようにスポーク部分全体に貼っていく。


写真7 スポーク部分全体に貼っているところ

これでリム部分の5分の1と、5本あるスポークのうちの1本のマスキングができたことになる。同様にして、写真8のようにマスキング作業を進めていく。


写真8 マスキング作業を進めているところ

このようにして、写真9のようにリム全体とすべてのスポーク部分をマスキングする。


写真9 リム全体とすべてのスポークをマスキングしたところ

中心部分も写真10のようにマスキングする。


写真10 中心部分のマスキング

中心の穴も写真11のようにマスキングする。


写真11 穴部分のマスキング

全体として写真12のようにマスキングされたことになる。このマスキングした部分がメタリックシルバーのまま残ることになる。


写真12 マスキングされたホイール

このようにして、写真13のように4本のホイールともマスキングした。


写真13 マスキングしたホイール4本

これでマスキングされたところ以外は別の色で塗装できることになる。さて、次は再び塗装だな。つづく。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ