2017年1月21日(土)

DD2号 ボディの小傷 − 3Mのコンパウンドで

白いDD2号に乗り換えて以来、洗車の際に洗剤では落ちない汚れや小傷があるのがちょっと気になっていた。手で触っても特に引っ掛かりはないのだが、洗剤を付けたスポンジで擦っても落ちない。例えば、写真1の赤矢印で示すようなものだ。


写真1 汚れや小傷

肉眼で見ると薄っすらと付いているのがわかるが、写真ではわかりにくい。そこで、写真1のコントラストと明るさを調整して見やすくしたものを写真2に示す。


写真2 汚れや小傷(コントラスト調整後)

こんな汚れや小傷にはコンパウンドだ。いつもならピカールを使うところだが、今回は写真3のような3Mのコンパウンドを小分けしたものを購入した。それぞれ100mlずつ入っており、価格は1,800円(送料込み)であった。


写真3 購入したコンパウンド

淡色車なら、カット1-Lで汚れや傷を落とした後、ハード1-Lで磨き傷を消せばいいようだ。では、早速、写真4のように小傷があるところを磨いてみよう。


写真4 コンパウンドで磨いているところ

カット1-Lのコンパウンドを柔らかい木綿の布に付けて、ほんの3〜4秒ほど小傷を磨くと、あっさりと消える。汚れも同様だ。その後、コンパウンドを拭き取り、今度はハード1-Lで磨き傷を消す。といっても、磨き傷なんて見えないので、まぁ、テキトーに・・・(笑)。 これで、写真5のように、コントラストを調整した写真でも汚れや小傷は全く見えなくなった。もちろん、肉眼でも見えない。


写真5 コンパウンドで磨いた後

いつか時間ができたら、ポリッシャーで車全体を磨いてみようかな。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ