2016年5月14日(土)

DD2号 洗車 − 隅々の汚れ その2

先日、同じようなタイトルで、サイドウィンカー部分とキドニーグリルを掃除したことを報告した。今回は、フロントバンパーを外す作業があったので、ついでにキドニーグリルを外してバンパーとキドニーグリルの間を掃除した。ちなみに、キドニーグリルは上側4つ、下側3つのプラスチックの爪で固定されており、裏側からでないとうまく外せないと思う。

まずは、写真1のようにキドニーグリルがあったところの汚れを塗れ雑巾で綺麗に拭き取る。


写真1 汚れを拭きとっているところ

しかし、塗れた雑巾で拭いただけでは完全には取れない。そこで、写真2のように水垢取り洗剤をスプレーする。


写真2 水垢取り洗剤

そして、毛先が極細の歯ブラシを使って写真3のように丹念に汚れを落としていく。ちょっと根気が要る作業だ。


写真3 歯ブラシで汚れを落としているところ

しつこい汚れも丁寧に歯ブラシで擦ると綺麗に落ちる。綺麗になったら、写真4のように濡れ雑巾で洗剤を拭き取る。


写真4 洗剤を拭き取っているところ

乾いたら、掃除した部分をエアロラックでコーティングしておこう。その後、写真5のキドニーグリルを取り付ければ作業完了だ。


写真5 キドニーグリルの取り付け

掃除後は、写真6のようにキドニーグリル周り綺麗になっている。といっても、写真ではあまりよく分からないが・・・。まぁ、自己満足だな(笑)。


写真6 綺麗になったDD2号


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ