2016年1月9日(土)

DD2号 リアブレーキパッド左右交換 − 異音対策

以前に、自宅の駐車場から出るときに、「フォーン」という音がするようになった対策として、左右のフロントブレーキパッドを交換したことを報告したが、次の日の朝から「フォーン」の音が聞こえていた。どうやら、原因はフロントブレーキパッドではなかったようだ。もしかしたら、リアブレーキかも? ということで、左右のリアブレーキパッドを入れ替えてみることにした。手順は左右のフロントブレーキパッドを入れ替えたときと同じなので省略するが、作業の雰囲気だけ紹介しよう。

まずは、写真1のようにリア側をジャッキアップしてウマをかける。両方のブレーキキャリパーを同時に外さなければならないので、左右リアを同時に上げておこう。


写真1 リア側をジャッキアップしたところ

そして、リア左右のタイヤも外すとリアブレーキが見える。写真2に左リアのブレーキを示す。


写真2 左リアブレーキ

おや? ブレーキローターをよく見ると、写真3のように表面の外周の方に錆が見える。


写真3 左リアブレーキローターの錆

ブレーキローターの外周部分に錆があるということは、この部分はうまくブレーキパッドに当たっていないということだ。もしかしたら、これが異音の原因かも? まぁ、とりあえず写真4のようにブレーキキャリパーを外してみた。


写真4 左リアのブレーキキャリパーを外したところ

写真からはわからないが、ブレーキパッド側も外周部分がローターに当たっていないようだ。では、右側はどうだろう? 写真5に右側のリアブレーキキャリパーを外したところを示す。


写真5 右リアのブレーキキャリパーを外したところ

やはり、写真6のように右リアのローターの外周にも錆が出ている。


写真6 右リアブレーキローターの錆

う〜ん・・・。とりあえず、左右のブレーキパッドを入れ替えて様子を見てみるか・・・。写真7に左右リアのブレーキパッドを入れ替えたDD2号を示す。


写真7 左右リアのブレーキパッドを入れ替えたDD2号

さて、入れ替えた後だが、入れ替える前よりも「フォーン」という異音が出るようになってしまった。以前は、朝に車を動かし始めるときにだけ聞こえていた異音が、信号等で停止からの発進時にいつも聞こえるようになってしまった(苦笑)。う〜ん。いずれにしても、リアブレーキが異音の原因であることはわかった。このまましばらく使ってみて、ブレーキパッドが削れてアタリが付いてくれば、異音は消えるかもしれない。もう少し、様子を見てみよう。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ