2013年7月17日(火)

エアクリーナーエレメント(エアフィルター)の交換 − 珍しく純正品

先日、何気なくネットオークションを見ていると、E34用のエアクリーナーエレメント(エアフィルタ)の純正品が480円(+消費税)で出品されていた。これって安いんじゃないの? 送料も525円だし。それに、以前にエアクリーナーエレメントを交換したのはいつだっけ? と思いながら、ついポチッと逝ってしまった。

メンテナンス記録をよく調べてみると、以前に交換したのは8年以上前だ。さすがにそろそろ交換してもいいだろう。交換方法については、以前のレポートにある通りなので、ここではその概要だけ。

まずは、ボンネットを開けて、車両左側のヘッドライトの裏に付いているカバーを外す。E34 M50エンジンの場合、エアクリーナーボックスは車両左側のヘッドライトの裏にある。

写真1のように、2か所のプラスチックネジを回し、さらにプラスチックピンを抜けば簡単に外すことができる。


写真1 ヘッドライト裏のカバーを外しているところ

写真2にヘッドライト裏のカバーを外したところを示す。


写真2 ヘッドライト裏のカバーを外したところ

エアクリーナーボックスは、写真3のように左右に2か所、下に1ヶ所の計5か所で金属クリップを使って蓋がされている。


写真3 エアクリーナーボックスの蓋を留めている金属クリップ

このクリップをマイナスドライバーで外してやると、写真4のように蓋ごとエアクリーナーエレメントを取り外すことができる。金属クリップは前側の蓋の方に固定されているので、マイナスドライバーで外しても飛んでいくようなことはない。


写真4 蓋ごとエアクリーナーエレメンを外したところ

さて、エアクリーナーエレメントが外れたら交換するだけだ。写真5に、DDにしては珍しくチョイスした純正品のエアクリーナーエレメントを示す。


写真5 購入したエアクリーナーエレメント

Original BMWの文字が目に痛い(笑)。いつもサードパーティのものを買っているのに、今回はどうして純正品かって? それは「安いから」だ。DDは「安物買い」という点においては、消費行動が一貫しているのである。あまり自慢げに言うことでもないが(笑)。

さて、恒例の新旧比較を写真6に示す。


写真6 新旧のエアクリーナーエレメント(左:旧、右:新)

古いエアクリーナーエレメントは写真7のようにかなり汚れていた。新しくしたら吸気効率はずいぶん変わるのだろうか?


写真7 古いエアクリーナーエレメント

新しいエアクリーナーエレメントは、取り外しと逆順で取り付ければいい。少し難しいのは、エアクリーナーボックスの下側に圧金属クリップを取り付けるときに、手探りで取り付けなければならないことである。作業前に構造さえ確認しておけば、そんなに難しくはないと思う。

さて、交換後のエンジンフィーリングだが、正直言って鈍感なDDには変化がよく分からない。でも、きっと良くなっているに違いない、と思い込んでおこう(笑)。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ