2013年3月30日(土)

ヒューズの交換 − 平型ヒューズ

先日、Mゴローさんのサイトを見ていると「ヒューズは交換したほうが良い?!」という記事を見かけた。ヒューズなんて劣化するようなもんじゃないし・・・、とか思って読んでいると、どうやらヒューズにも寿命(耐用年数)があるらしい。

ヒューズに寿命なんかないと思っていたDDは、もちろん一度も交換したことはない。そこで、この機会にDDもヒューズを交換してみることにした。

写真1のようにボンネットを開けると、赤矢印の位置にヒューズボックスがある。


写真1 ヒューズボックスの位置

この蓋を開けると、写真2のようにヒューズが並んでいるのが見える。


写真2 ヒューズボックスの中

ここにはヒューズの他にも、リレーやCCM、LKM等がある。

DD号の場合、ヒューズボックス内のヒューズは、下記の6種類であった。

 ヒューズの種類  

 個数  

7.5A

11 

10A

 4

15A

 8

20A

 1

25A

 1

30A

 4

DD号はヘッドライトのHID化にともない、このうちヘッドライト用の7.5Aの2つのヒューズを15Aに変更している。

これらのヒューズを新しく購入したものに交換する。交換の際には、写真3に示すように、ヒューズボックスの裏に付属している道具を使えば簡単だ。


写真3 ヒューズを交換する道具

これを使って写真4のようにヒューズを摘み、引き抜けばいい。


写真4 ヒューズを引き抜いているところ

購入したヒューズは写真5のような「平型ヒューズ」と呼ばれるものだ。「ミニ」平型ヒューズではないので、購入時には注意が必要だ。


写真5 購入した平型ヒューズ

DDは5個で60円のものを購入した。

交換の際には端から順番に交換するのではなく、同じ種類のものを全部引き抜いてから新しいものを挿入したほうが簡単だ。写真6に10Aと15Aのヒューズを新しいものに交換したところを示す。


写真6 10Aと15Aのヒューズを交換したところ

他のヒューズも同様にして交換すればいい。

一方、ヒューズはエンジンルーム内だけでなく、写真7に示すリアシートの下にもある。


写真7 リアシートの下のヒューズの位置

リアシートの座面は左右の着座席位置の前側を持って上方向に引き上げると、ガコッといって外れるはずだ。左右、片方ずつ外せばいい。

リアシートを外せば、写真8の赤矢印で示し位置にヒューズがある。DD号の場合、7.5Aのヒューズが2個、30Aのヒューズが6個あった。


写真8 リアシート下のヒューズ

エンジンルーム内のヒューズボックスのヒューズを交換するのと同様に、このヒューズも新しいものに交換した。写真9に交換後のヒューズを示す。


写真9 ヒューズを交換したところ

リアシートの下には、GM等があるが、この筐体には写真10のようなヒューズの表示がある。


写真10 リアシート下のヒューズの表示

この表示によると15個のヒューズがあるようだが、装備の違いなのかDD号の場合は8個しか刺さっていなかった。

ヒューズの交換後、すべての電装部品が正しく動作することを確認すれば作業終了である。ヒューズに耐用年数があるといっても、実際には20年以上使っても問題ないように思われる。ただ、ヒューズは安価だし、精神衛生上はこの機会に交換しておくのもいいだろう。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ