2013年3月24日(日)   追記

車検 − take-Mさんにて

前回の車検から2年が経ったので、今回もtake-Mさんに車検をお願いした。普段、自分で整備できるところはDIYで整備しているが、安心して乗り続けるためには、やはり2年に一度はプロの目で整備してもらいたい。

今回の車検では、以下の部分が指摘された。

  1. ブレーキマスターバック(真空倍力装置)に繋がるバキュームホースの劣化
  2. ラジエーターホースのアッパーとロアそれぞれの取り付け部分からの冷却水のにじみ
  3. VANOSの油圧ホースのカシメ部分からのエンジンオイル漏れ
  4. ファンベルト、エアコンベルトの劣化

このうち、1.については車検と同時に整備してもらった。また、2.についてはラジエーターの口が割れない程度に増し締めしてもらったが、漏れが止まらないようなら対策が必要だそうだ。

3.と4.については、近いうちにDIYでなんとか整備したみたいと思う。

現在の走行距離は、約160,800km。前回の車検から、10,000kmしか走っていない。1年あたり5,000kmか・・・。


2013年4月1日追記

先日、ボンネットを開けてみて驚愕した! 写真1にエンジンルームを示す。


写真1 エンジンルーム

何が驚愕したかというと、エンジンルームがすごく綺麗になっている! どうやら、車検の際にtake-Mさんに掃除していただいたようだ。ゴム部分なんかは、写真2のように光り輝いている。


写真2 光り輝くベローズ

どうやら、ワックスの類が塗られているようだ。単に見える部分だけが綺麗になっているわけではなく、エンジンルームの奥の方まで掃除されている。エンジンルームが綺麗に掃除されていると、冷却水漏れやオイル漏れがわかりやすく早期に発見が可能だ。take-Mさん、ありがとうございましたm(_ _)m。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ