2011年12月17日(土)

激安エンブレム交換 − その後

先日、「ボンネットエンブレムの交換 − 激安品?」で激安品のエンブレムに交換したことを報告したが、その後、Fanaticさん主催のB級グルメツアーに参加しているときに、エンブレムの表面が剥がれて飛んで行ってしまった。交換してから1ヶ月も経ってないのに・・・(泣)。写真1に表面が飛んで行ったエンブレムを示す。


写真1 表面が剥がれたエンブレム

シルバーのメッキでちょっとかっこいいかも? とか思ってそのまま放置していたら、嫁さんから「早くエンブレム直したら? 恥ずかしいんだけど・・・」と言われてしまった。やっぱり直さないとダメか。

ボンネットエンブレムの交換 − 激安品?」でも報告したが、実はエンブレムを購入するときに2つ買っておいた。こうなることを予感していたのだろうか?(笑) 写真2にもう一つのエンブレムを示す。


写真2 もう一つのエンブレム

エンブレムの表面が走行中に飛ばされてしまったのは、表面を貼り付けている両面テープの接着が弱かったためであると考えられる。そこで、今回は、両面テープを使わずに、写真3のアルコールで両面テープを綺麗に剥がしてしまってから、エポキシ接着剤で貼り付けることにした。


写真3 アルコールとエンブレム裏面の両面テープ

両面テープの糊をアルコールで剥がしたら、写真4のようにエンブレム本体の方にエポキシ接着剤を塗る。もちろん、これもアルコールで入念に脱脂しておこう。


写真4 エポキシ接着剤を塗るところ

そして、最後に裏面の糊を取ったエンブレム表面を貼り付ければいい。写真5にエポキシ接着剤で貼り付けたエンブレムを示す。


写真5 エポキシ接着剤で貼り付けたエンブレム

これをボンネットに取り付ければ交換完了だ。写真6に交換したボンネットエンブレムを示す。


写真6 交換したボンネットエンブレム

今回はエポキシ接着剤で貼り付けたので走行中に飛んで行ってしまうようなことはないと思うが、その一方で、紫外線による劣化に対する表面の耐久性が気になるところだ。まぁ、2枚で1,440円だったので1年ももてばいいかなぁ・・・?


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ