2009年1月30日(金)

光るエンブレム − 試作その3

前回のレポートでは削ったアクリル円板にBMWのプロペラマークを 貼り付けたが、今回はこれを光らせてみよう。もちろん、今回もboven7さんのレポートを参考にする。

用意したのは、写真1のようなELパネルである。


写真1 用意したELパネル

中のものを取り出して光らせると、写真2のような感じだ。


写真2 ELパネルを光らせたところ

写真ではわかりにくいが、うっすらと青緑のような色で光っている。

今回はあくまで試作なので、ELパネルの端子の処理は考えずに、写真3のようにELパネルを円形に切り取った。


写真3 円形に切り取ったELパネル

端子部分は横に出っ張っている。これをアクリル円板に取り付けるのだが、今回は写真4のように、1mmぐらいの厚みのある両面テープを幅2mmぐらいに細く切り、それをアクリル円板の裏側の縁に沿って貼り、その中央にELパネルを置くことにした。


写真4 両面テープをアクリル円板の縁に貼ったところ

もちろん、ELパネルの端子が外に出る部分には両面テープを貼っていない。

このようにして両面テープを貼ったのは、アクリル円板に裏蓋を取り付けるためである。今回、裏蓋として用意したのは、写真5、6のような直径80mm、厚さ1mmの透明のアクリル板である。


写真5 裏蓋として用意したアクリル板(1)


写真6 裏蓋として用意したアクリル板(2)

これの片側の保護紙を剥がして、先ほど両面テープを付けたアクリル円板に貼り付ける。これで2枚のアクリル円板にELパネルが挟まれたような状態になる。写真7に裏蓋を貼り付けたエンブレムを示す。


写真7 裏蓋を貼り付けたエンブレム

このエンブレムの表側はマスキングテープで養生してあるので、これを剥がす。アクリル円板を削った部分は、最終的に2000番のサンドペーパーで均しただけなので、写真8のように艶がない。そこで、これをコンパウンドを使って磨く。


写真8 アクリル円板をコンパウンドで磨く

まぁ、試作段階なので、適当な艶がでるまで磨けばいいだろう。写真9に磨いたエンブレムを示す。


写真9 磨いたエンブレム

艶は十分ではないし、プロペラマークもあまりうまく貼り付けられていないが、なんとかサマにはなっている。これを点灯させると、写真10のように、それっぽく点灯した。


写真10 点灯させたエンブレム

まぁ、なんとなく雰囲気は出ているだろう。基本的には、この方法で作れそうだ。心配していたELパネルの点滅もなさそうだ。もしかすると電源電圧を12Vにすると点滅するかもしれないが、その場合は8V程度に電圧を落としてやればいいだろう。

しかし、

が未解決である。これらもなんとかしなければいけないなぁ・・・。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ