2009年1月6日(火)

光るエンブレム − 構想

このサイトをご覧の皆さんはすでに気づいているとは思うが、この何年かはDD号のメンテレポートより、皆さんから投稿いただいたメンテレポートの方が多く、そのレポートを掲載することで何とかサイトを維持している。

しかし、友人のboven7さんは自らのネタで、着々とサイトを更新しておられる。DDはそんなに多くメンテネタがないのだが、なんでboven7さんは・・・?

しかし、boven7さんのサイトをよく見てみると、なんか同じネタが多い! 最近ではCCFLイカリングが続いているし、光るエンブレムのページ もかなりある・・・? ん? これか!!

そんなわけで、DDもboven7さんのマネをして、光るエンブレムネタを連載してみよう! これで、10回ぐらいは更新できるかなぁ・・・。 えっ? ネタを刻んでるって?  さぁ、なんのことでしょう?(と、とぼけてみる、笑)

 

しかし、実際に光るエンブレムを作成するのは難しそうだ。以前にもDDは冗談で少し作ってみたことがあるのだが、ちゃんと作るとなるとかなり難しい。

でも、今回はboven7さんのレポートがあるので、それを参考にして作成することができるかもしれない。まさに「先達はあらまほしきことなり」である。

さて、 boven7さんのレポートをよく読むと、以下のことがわかる。

どうやら、boven7さんと同じように光るエンブレムを作成するためには、難しい点が2つありそうだ。

(1)透明のキャストを使ってエンブレムを作成した場合に、気泡が入ってしまい、透明で綺麗な形に整形するのが難しい。

(2)ELパネルを使う場合、全面を発行させようとすると電極を取り付ける場所がない。

(3)ELパネルに付属のインバータを使うと点滅することがある。

う〜ん、これは難しい・・・。

(1)に関しては、透明でエンブレムの形状のものが作成できればいいので、必ずしも透明のキャストで作成する必要はないはずだ。逆に、透明の部材からエンブレムの形に削り出してもいい。 そうすれば、少なくとも気泡が入る心配はない。

削り出す元となる透明の部材を探してみると、アクリルショップ・はざい屋さんというところで、直径80mmのアクリルの円板が売られているのを見つけた。もしかして、これでできるんじゃない?

というわけで、直径80mm、厚さ6mmのアクリルの円板を購入してみた。購入したアクリルの円板を写真1、2に示す。


写真1 購入したアクリルの円板(1)


写真2 購入したアクリルの円板(2)

裏表に茶色の保護紙が貼ってあるため透明に見えないが、中身は透明である。これをエンブレムの形に削り出すことで、問題(1)を解決しよう。

なお、(2)については、問題(1)が解決できてから考えよう(笑)。また、(3)については電気系のことなのでなんとかなるだろう。

光るエンブレム − 試作その1」に続く・・・。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ