2008年5月29日(木)

オーディオアンプの取り替え − あるぴな小僧さんより

常連のあるぴな小僧さんよりオーディオアンプ取り替えのレポートをいただいたので紹介しよう。


【はじめに】

前回のカーナビの取り付けのレポートでも少し触れたがサウンドストリームのパワーアンプがお亡くなりになられました。と言っても1chの音が出なくなっただけだが小僧にしてみれば重大かつ、耐えられないことである。(オーバーな!)

代替のアンプを入手したので、交換のレポートをお届けする。今回ついでにリアスピーカーも交換した。

 

【アンプ取り替え作業】

今現在の状態。(前回のレポートより抜粋)


サウンドストリームのアンプ

これが入手したアンプだ。マッキントッシュの6chアンプ MC440 知る人ぞ知る超高級の名機である。当時の定価が約25諭吉であった。これをまあそこそこの金額で入手した。(苦笑)

今付いているものをずべてばらし、引出しを取り外す。


取り外した引出し

昔々、リアシート肘掛部のバックパネルを抜いてCDチェンジャーをつけていた時の名残の切り欠きが残っているので、コンパネで塞ぐ。


裏面を金具で補強


出来上がった引出し

各部品の配置を決めて固定、配線をして完成。

音の感想は、サウンドストリームとはまったく違った音質でとてもクリアーで透き通った音である。よくマッキントッシュはクラッシク音楽向きだといわれているが、そんなことはなく、どの音楽に対してもすばらしい音だと思う。

今回、思い切ってこのアンプにして良かったと思う。でも所詮ヘッドユニットがナビなので猫に小判ではあるが、大変満足である。

 

【スピーカー取り替え作業】

今付いているスピーカーのエッジ部が破れている。


アップ

4本のネジをはずして新品に取り替える(フォステックスのFX120 [12cmコーン形フルレンジ] 30Wである)。

ここで、前回あまり説明できなかったので細部について紹介する。

リアトレイのボードの中央にある4個のスピーカリングはオリジナルのスピーカーのもので、劣化して使えなかったのでリングだけにしてつけている。

外してしまうと穴などが目立つため化粧としてつけている。あるほうがかっこいい。でも上のボードで隠れてしまうのだが。(笑)
 

そのリングの奥にはサブウーハーが隠れている。トランクに設置してあるボックスである。

このスピーカを使う理由だが、最初から聞いている音なので聞き馴染んでいるのと、取り付けがボルトオンで簡単だからである(笑)。

実はフロントのツイーターを取り替える予定があるのでまたの機会にレポートしたいと思う。


いかがだろうか。オーディオ好きな人には非常に参考になったのではないだろうか。

末尾ではあるが、面白いレポートをいただいたあるぴな小僧さんに感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ