2008年5月24日(土)

E32 ファンベルトの交換 − あるぴな小僧さんより

今回はあるぴな小僧さんよりE32のファンベルト交換のレポートをいただいたので紹介しよう。


【はじめに】

今回はファンベルトの交換を行ったのでレポートする。小僧のアルピナには3本のファンベルトが付いている。(ウォポン/オルタ用・エアコンコンプレッサー用・パワステポンプ用である。)

かなりの間交換せずにほっておいたら大変なことになっていた(爆)。気が付いてから新しいベルトが届くまでビクビクしながら乗っていた。

 

【作業】

ファンベルト部

ベルトの状態。ウォポン/オルタ用が一番ひどく割れまくりである。

作業の準備をする。下からのアクセスを必要なためジャッキアップし馬をかます。安全のため必ず馬を使用しよう。

アンダーカバーの取り外し

まず上側の作業。最初にファンを特殊工具を使って外す。


特殊工具

ファンのネジは左ネジなので注意する。

E32はエンジン前側に余裕があるのでラジエターカバーを外さなくてもファンが取れる。

ウォポン/オルタ用ファンベルトの張り調整はオルタ本体でしているのでその固定ボルトを緩める。


上側


下側

続いて下側からの作業である。

エアコンコンプレッサー用ファンベルトの張り調整はコンプレッサー本体でしているのでその固定ボルトを緩める。

パワステポンプ用ファンベルトの張り調整はポンプ本体でしているのでその固定ボルトを緩める。

緩めて外れたファンベルトたち。

ウォポンプーリーの所で隙間のないところがありベルトが外れない。無理やり引っこ抜いた。

ベルトの新旧比較。よくこれで走っていたなぁ。いつ切れてもおかしくなかった。(怖)


アップ

外すとき無理をしたウォポンプーリーは一旦外してベルトを通して付け直した。

下のベルトのセット。

各ベルトの張り調整。ベルトをちょうど良い張り(指で押して少し撓む程度)に調整して固定する。

ファン、アンダーカバーを元に戻して完了である。

ベルトは必ず初期伸びをするので、少し走ったらもう一度張り直しをする必要がある。

これで安心して走れるようになった。

ついでにウォポンもチェックしたがガタもなく良好である。ただ下回りに少しオイル漏れが見受けられたがこのくらいは許容範囲内である(笑)。


皆さんのファンベルトは大丈夫だろうか? DD号も見ておこう。

末尾ではあるが、有用なレポートをいただいたあるぴな小僧さんに感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ