2008年2月8日(金)

ホイールスポンジ3号 − 製作編

冬はホイール洗いの季節である。

DDはこれまでホイールを洗う際には、ホイールスポンジ1号を使っていた。これは非常に完成度が高く、もうバージョンアップすることはないと思っていた。

しかし、先日のmedama1goさんのレポートでは、なんとホイールスポンジ2号が出ているではないか!? これは負けるわけにはいかない。そんなわけで、ホイールスポンジ3号を開発したので紹介しよう。

これまでのホイールスポンジ1号の欠点は、割り箸を持ってホイールを洗うため、細かいところが洗いにくいのと、長時間使っていると手が痛くなることである。

本来、ホイール洗いは素手で直接洗うようなダイレクトマニピュレーション感が欲しいものである。そこで、ホイールスポンジ3号は、「ダイレクトマニピュレーション」をキーワードにして開発した。

まずは、試作したホイールスポンジ3号の外観を写真1に示す。


写真1 ホイールスポンジ3号の外観

この外観からわかるように、あたかも自分の手で洗うかのごとく、ホイールを洗うことができる優れものである。

それでは、ホイールスポンジ3号の作り方を紹介しよう。

まず、100円均一ショップで写真2のようなゴム手袋を購入する。


写真2 ゴム手袋

同時に、写真3のようなスポンジも購入しておこう。このようなスポンジが10個も入って、105円とは安い!


写真3 スポンジ

次に、このスポンジを写真4のようにハサミで切断する。


写真4 スポンジを切断しているところ

このようにして、写真5のように5つの細長いスポンジを作る。親指にあたるところは、少し短くしておくのがミソだ。


写真5 切断したスポンジ

そして、このスポンジをゴム手袋に貼り付けるため、写真6に示すゴム用ボンドを写真7のようにゴム手袋に塗る。


写真6 ゴム用ボンド


写真7 ゴム用ボンドを塗っているところ

まずは、親指、中指、小指の部分にボンドを塗って、写真8のようにスポンジを貼り付ける。


写真8 親指、中指、小指の部分にスポンジを貼り付けたところ

そしてボンドが乾いてから、今度は人差し指と薬指の部分にボンドを塗り、スポンジを貼り付ければ完成である。完成したところを写真9に示す。


写真9 完成したホイールスポンジ3号

「ホイールスポンジ3号 − 使用例」につづく・・・。いや、ネタに困っているわけではないのだが・・・(苦笑)。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ