2007年8月11日(土)

540エアダクトの取り付け − daisukeさんより

今回は現役レーサーdaisukeさんより540エアダクトの取り付けレポートをいただいたので紹介しよう。


初めまして、daisukeと申します。GT300で走ってる現役レーシングドライバーですが、なのに工具箱の前が大好きな変わり者です。今までは皆さんのメンテ記録を見て実行専門でしたが、今回初の投稿をさせていただきます。

さて、今回僕が挑戦したのはノーマルE34バンパーに540のエアダクト装着です。すでにやってらっしゃる方も多いですが、改めて紹介させてもらいました。

今まではシュニッツァーのコピーが付いていましたが、前が四角い車には少し重すぎるかなぁ、、と。Mテクエアロも候補でしたが、財布に優しくないのとユーザーが多いのであえて540ダクトに挑戦です。

参考にしたのはkids様の
    http://radiokids.jp/FrontBumper.htm
とBMWE34.NETWORKの
    http://www.bmwe34.net/e34main/upgrade/540_ducts.asp
でした。

さて早速バンパーを外して室内にて観察&フィッティングです。見れば見るほど汚いすねぇ?

今回用意した部品は、

部品名 個数 パーツナンバー
BRACKET LEFT 1 51118148291
BRACKET RIGHT 1 51118148292
BODY NUT ST4,8-1 6 07129925735
FILLISTER HEAD SELF-TAPPING SCREW ST4,8X16-Z1 6 07119907953
REINFORCEMENT LEFT 1 51118148055
REINFORCEMENT RIGHT 1 51118148056
BODY NUT ST4,8-9 6 07129925734
HEX HEAD SCREW ST4,8X16-C-Z1 6 07119916945
AIR BRAKE CHANNEL REAR LEFT 1 51718148649
AIR BRAKE CHANNEL REAR RIGHT 1 51718148650

上記の表の通りですが、ステーが本国発注のためこの画像には入っていません。ステーが届くまでに加工を終了させます。

それとボルトなどは入ってくる過程で互換性のある物などに変わってしまったりしているため、番号と物が違っている場合があります。ちなみに今回、僕は違った物が混ざっていました^^; 問題無く使えるので構いませんが、、、。

ということで、ちゃきちゃき斬って行きましょう(笑)。

手持ちのノコでギコギコ、、、。

いくつかのサイトで下調べはしたものの、イメージがわかなかったため、現物合わせ&勘でさらにギコギコ。

程よく進んだとこでダクト(レインフォースメント)をハメてみますが、全く付かない!! 

ならばさらにギコギコ、、、ギコギコ、、、チュイーン(ドリルの音)、ギコギコ、、、。 もうお察しのとうりかと思いますが、切りすぎましたToT。

とりあえず付くには付きました。が、じっくり見ないとわからないのですが、ダクトのセンター
寄りの所に失敗の跡があります。

かなりテンション落ちましたが、気分を入れ替え反対に。

予想通り反対側もやらかしましたToT。 なんて学習能力無いんでしょう???。ちなみに失敗した所はみっともなさのあまり撮り忘れています、、、。

失敗とさらに適当ですがこんな感じに斬りました。

レインフォースメント側にバンパーを差し込んで固定する隙間があるので、それを活用する方向でバンパーを斬りました。

ピンぼけですがこんな溝が付いています。

バンパー側面に開けた穴はダクトに付いているステーを固定する部分のための穴です。

何となく空けたので、場所と大きさは左右バラバラですが、隠れてしまうので問題なしです! もし皆さんが作業する際にはもっと綺麗に加工しましょう! 僕みたいに横着はいけません!!

とりあえずこんな感じで左右付きました。

ジャッキで上げてあるのは、ただ低い位置での作業が腰に来たためで他にこれといった意味はありません。

ちなみに僕は腰痛末期でございます(>_<) まぁ、仕事であんな車乗っていたら当たり前ちゃ当たり前ですけどね。

と、ここらでニューアイテム! これからようやく(3週間待ち)入荷したステーを付けます。

軽く当ててみた所、ピッタシとは言いがたい隙間がありました、、、。これくらいは当たり前なのか、それとも僕のすばらしい加工技術による賜物なのかはわかりませんでしたが、そんな時の合い言葉は『強引に!』です。レーシングカーも見えない部分はそんなもんですし^^;

用意したクリップとネジを使って順調に止めていきますが、僕がETKで調べた個数とは違い、もっと沢山止めるべき箇所があり、またしても軽いパニックに。

とりあえず重要な箇所のみ止めてあとは後日。ほとんどの箇所は問題無く付いたのですが一ヶ所、下の画像(画像22)のセンターにあるステー(バンパー側の)の一番下にある黒い穴。

 

ここに止まるだろう部分が左右とも穴位置が合わなかったため5mmの穴を金属のステー側に新規に空けました。

左右の穴が元々空いていた穴です。中央のクリップが付いている所が新しく空けた穴になります。止める際に使用した、とゆうか頼んで来たネジとクリップは2種類でしたが、形状に合わせて上手く使い分けました。

クリップの図

フォグの穴から見るとこんな感じでステーが止まっています。

ここでおおよその作業は終わりましたが、残るはバンパー裏からロアアーム側へと伸びるダクトの固定です。

レインフォースメントとダクトはこのような感じで差し込むだけとなっています。

ダクトにはこんな穴があり止めるだけかな、なんて思っていたら、さすがはE34、どうやって固定すれば良いか全然わかりません。

固定用の穴が無いので勝手な僕の解釈の基づき、固定用の穴を空けてボルトで固定しました。これが空けた穴です。

併せて取り付けが元々の穴位置ではしっくりこなかったので、ダクトにも穴を増やしてしまいまし
た。

ただ鉄板に穴を空けたので、錆び止めをしっかり塗っておきました。

今回使用した錆び止めです。

取り付け後はこんな感じです。

これが下から見た図です。

このような感じで繋がっています。ちなみにこれがフォグ穴から見たダクトです。ちょうどロアアーム取り付け位置とタイヤとの中間あたりにいっています。

きっとローターが冷えてくれるのに違いありません^^

以上で完成です。こんな風に仕上がりました!

中々かっちょよくなったと思うのは多分本人だけだと、、、。いつの間に塗装まで! と思った方、実は板金屋さんにお願いしました^^;。 以前バンパー補修など自分で塗ったこともありましたが、センスの無さをわかっていたので、今回は潔くお願いしました。

 

以上が今回のレポートでした。特別に変わった工具などは使用していないので気軽にできた作業だったと思います。。同時に上手く作業する上で参考にさせていただいたkids様、本当にありがとうございました。

また次回ネタを考え中なのでその時はよろしくお願いします。


540のエアダクトはDDもいつか取り付けたいと思っているアイテムだ。フロントエアロよりは手軽で見た目もカッコイイ!

末尾ではあるが、とても丁寧で有用なレポートをいただいたdaisukeさんに感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ