2007年5月23日(水)

電動ファンの交換 − まるおさんより

今回は、まるおさんより電動ファン交換のレポートをいただいたので紹介しよう。


最近暑い日が続いていますね。

ここ数年、夏が近づくと憂鬱な気分に。。。何故なら、電動ファンのヒューズが週に数回のペースで飛んでしまうからです。

一気(ヒューズを交換し再起動したとたん)にヒューズが飛ぶ時と、徐々にヒューズが溶けて飛ぶ時がありますが、詳しい原因は判りません。

判っていることは、「電動ファンがHIGH側で回転するとヒューズが飛んでSTOPし、水温計の針が右に動き出す。」ということだけです。

リレーを交換しても、ファンを取り外して清掃らしきことをして見ても状況に変化なし。クーラーを使わなくても良い体に体質改善すれば良いのですが、それは無理な話です。

一時はHIGH側のリレーをはずし、いつもLOW側のみ動作するようにしていました(この状態ですとヒューズは飛びません)が、真夏の渋滞では大変不安です。

そこで今回、思いきって電動ファンを交換することとしました。

まず、電動ファン(OEM品)をIPSより購入。

ついでに、スラストアームも購入しました。(こちらは工場で点検時に交換していただきました。)

今回の買い物は送料込みで約460ドル。(日本円で約5万5千円) 純正の電動ファン代でOEMの電動ファンとスラストアーム(ブッシュ付き)を買うことが出来ました。

さて、交換作業開始です。

Fバンパー、グリルをはずします。(はずし方は皆さんご存知のことと思います。)

そして、目的のファンをはずします。(ケーブルのコネクターとラジエーターに3箇所で固定されている部分をはずすだけです・・・)

3箇所の取り付け部分は潤滑剤を吹き付けて1つずつ引っ張ってはずしました。

一緒にホーンもはずすと少し作業が楽になると思います。

ファンがはずれました。

順調に作業が進んだので、新旧のファンを比較してみます。

純正品はカナダ製です。羽の部分もしっかりしている感じがします。

一方、OEM品は、何故か安っぽいです・・・

よく見ると、

  1. 熱収縮チューブの被膜が少し破けている
  2. 収縮しすぎて(?)線が見ている(笑)

というような、お粗末な部分を見つけてしまいました・・・

本来ならば、きちんと処理するべきだとは思ったのですが、ビニールテープで巻くだけで見ない振りをすることにしました。

これ以上見ていると何か見つけてしまいそうなので、さっさと取り付けます。

後は、グリルとFバンパーを元に戻します。

はい。出来上がりです。(ここまでは良かったんです)

さて、動作テストをして見ましょう!!

エンジンスタート  エアコンON!! ファンが回ります。

ブーーーン(???)

音と一緒に車が微かに揺れているーーーっ!!

純正品の時には全く気づかなかった音と揺れが・・・ 自分で何かの作業を行うと、いつも何かが起こります(トホホ・・・)

回転している様子を眺めてみると、羽が微かに上下動しているような気がします・・・ どうもバランスが取れていないようです・・・ (そう言えば、純正品には羽の2箇所にウェイトが取り付けられていました)

バンパーつける前に動作テストすれば良かった・・・後悔 (よく考えると、普通はバンパーつける前にテストしますよね・・・)

暫く我慢していれば、部品も馴染んで揺れがなくなるかな?・・・願望 (お願いだから治まって!!)

今年の夏もヒューズが飛ぶようだったら、きっと配線に問題があるのだろう。その時には純正品に戻そう・・・

「安物買いの銭失い」このような結果にならないことを願うばかりです。


どうやらファンのバランスが取れていないようだ。タイヤの場合はバランサーでバランスを取ることができるが、ファンの場合はどうするんだろう?

末尾ではあるが、有用なレポートをいただいた まるおさんに感謝する。きっと、近いうちに「電動ファンのバランスの取り方」というようなレポートをいただくに違いない(笑)。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ