2006年12月16日(金)

ホイールを洗う − 純正ブレーキパッドは汚れる!?

先日、「フロントブレーキパッドの交換 − 純正ブレーキパッドに戻す」、「リアブレーキパッドの交換 − 純正ブレーキパッドに戻す」で報告したように、DD号のブレーキパッドを前後とも純正のものに交換した。

確かに、ブレーキのタッチは良くなったのだが、予想していたとおりホイールはかなり汚れてしまうようになった。普通は1週間に1回、少なくとも2週間に1回はホイールを洗わなければならない。

特にフロントホイールは随分早く汚れるようだ。写真1、2に汚れたフロントホイールを示す。


写真1 汚れたフロントホイール(遠景)


写真2 汚れたフロントホイール(近景)

DDはホイールを洗うために、写真3のような100円均一ショップで購入したスプレーと「ホイールスポンジ1号」を使っている。


写真3 スプレーとホイールスポンジ1号

スプレーには、食器洗い用の洗剤を水で薄めた洗浄液を入れている。

さて、ホイール洗いの手順だが、まずは先を外した如雨露(じょうろ)を使って、写真4のようにホイール全体に水をかける。


写真4 ホイールに水をかけているところ

その後、写真5のようにスプレーでホイールに洗浄液を振りかける。


写真5 スプレーで洗浄液をかけているところ

そして、写真6のようにホイールスポンジ1号でホイールを洗う。ホイールスポンジ1号は材料単価が20円/本ぐらいなので、気兼ねなく使えるのがいい(笑)。


写真6 ホイールスポンジ1号で洗っているところ

十分に洗えたら、写真7のように洗浄液を洗い流す。


写真7 洗浄液を洗い流しているところ

もし、洗い忘れていたところや汚れが残っているところがあれば、再びホイールスポンジ1号で洗えばいい。

洗浄後のホイールを写真8,9に示す。


写真8 洗浄後のホイール(遠景)


写真9 洗浄後のホイール(近景)

ホイールが綺麗だと気持ちいい。ホイールスポンジ1号のおかげで短時間で綺麗にはなるが、毎週これをやるのも面倒だなぁ・・・・(苦笑)。


12月16日(土) 追記

上記のレポートを掲載したところ、早速、take-Mさんよりメールをいただいた。

takeさんのメールによると、ホイールの汚れを防ぐための「いいモノ」があるそうだ。そのいいモノとは、オートリファインさんの「DUST GUARD(ダストガード)」というものだ。(オートリファインさんのページの最下段に掲載されている(2006/12/16現在)

ホイールとブレーキローターの間に挟み込むようにするので、一見、放熱性が悪いような気がするのが、実際には放熱フィンのおかげで装着していないときより温度が下がるそうだ。

価格は少し高いが、ホイールが汚れず、さらに放熱性も高いとなると「買い」かもしれない。特に、黒はカッコイイかも!?

ちなみに、DUST GUARDはtake-Mさんのところでも取り扱っているそうだ。「純正ブレーキパッドのタッチはいいけど、ホイールが汚れるのはなぁ・・・」という人は検討してみてはどうだろうか?


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ