2005年11月11日(金)

オーディオ交換 − DVD対応機種へ

DDの車には写真1のような1DINのカーステレオが付いている。これは、SONY製のXR-C717でかなり古い機種ではあるが、E34の内装の照明色と合っていたのでDDは気に入っていた。


写真1 DD号のカーステレオ

最近、嫁さんから「DVDがテレビに映るようにしたい」との 命令 リクエストがあった。DVDならカーナビのドライブに入れれば見られるんだが、それは不便らしい。

とりあえず、持っているCDチェンジャーがSONY製なので、SONYの製品でDVD対応の1DINデッキを探してみた。すると写真2のようなMEX-R1が見つかった。


写真2 MEX-R1(ソニーのHPより無断転載)

価格を調べてみると比較的安かったので、これを購入することにした。でも、この照明色ってE34の内装照明色とかなり違うなぁ・・・(っていうか、ぜんぜん違う)。

あまり気が進まないが、財務省の 命令 リクエストには逆らえないので、購入して取り付けてみることにした。購入価格は、ネットショップで29,300円(税、送料込み)であった。

取り付け作業は特に難しいところはないので省略する(と、一行で終わらせてしまう)。コツとしては、エアコンのパネルを外して作業すると作業しやすいことだろうか。写真3に作業中の様子を示す。


写真3 交換作業中

なお、DVDがカーナビのモニターで映るようにするため、映像信号の配線をトランクのカーナビ本体まで引っ張った。また、同時にカーナビの音声案内時にオーディオの音量が下がるようにミュート信号も接続した。カーナビはパイオニア製、オーディオはソニー製だが、この両者のミュート信号には互換性があるため、単に接続するだけでうまく機能する。

そう言えば、「カーナビミュート回路 − 設計編」「カーナビミュート回路 − 製作編」でカーナビ連動ミュート回路を製作していたのに・・・・。

それはさておき、新しいオーディオを取り付けたところを写真4に示す。


写真4 新しいオーディオを取り付けたところ

夜に作業したので、あまり写りは良くない。ご容赦いただきたい。なお、取り付け前に心配していたように、オーディオの照明や雰囲気はE34の内装と全く合っていない(苦笑)。まぁ、いいかぁ・・・。それよりも、いつも邪魔なカーナビのモニターをなんとかしないといけないなぁ。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ