2005年9月18日(日)

あぁ、バンパーに傷が・・・ − バンパーモールの塗装 その2

以前に「あぁ、バンパーに傷が・・・ − バンパーモールの塗装」でバンパーモールに傷ができたときの塗装方法を紹介したが、今回も塗装方法を紹介するハメになってしまった(苦笑)。写真1にバンパーモールの傷を示す。


写真1 左後ろのバンパーモール

いつ傷が付いたのかわからない。どこかで誰かに当てられたのだろうか?  まぁ、いずれにしてもバンパーモールを塗装しなければならない。

まずは、写真2のようにしてリアバンパーモールのつなぎ目に内装剥がしツールを差し込む。


写真2 バンパーモールのつなぎ目

そして、写真3のように手前に引くとリア側のバンパーモールが浮いてくる。


写真3 リア側のモールを浮かせたところ

その後、写真4のようにして左リアバンパーモールを外せばいい。モールを外すときは、後ろ側に引き抜くようにする。


写真4 左リアバンパーモールを外しているところ

バンパーモールの塗装の前に、写真5のようにサンドペーパーで傷をならしておく。今回は240番の少し粗めのサンドペーパーを使った。


写真5 サンドペーパーで傷をならしているところ

大体傷が消えたら、写真6のようにアルコールで丁寧に拭いておく。本来なら全体的にサンドペーパーをかけて前の塗装を落とした方がいいのだが、面倒なので適当に・・・(笑)


写真6 アルコールで拭いているところ

アルコールが完全に乾いたら、写真7のようにつや消し黒のラッカースプレーを塗装する。つや消しなのでムラの心配もない。


写真7 つや消し黒を塗っているところ

写真8のように適当にスプレーしても、乾燥したら綺麗なつや消しになっているはずである。まるで新品のモールのようだ。


写真8 つや消し黒を塗ったところ

やっぱり、つや消しスプレーは簡単だなぁ・・・。

20分ほどして完全に乾燥すれば、モールを元に戻せばいい。ただ、バンパーモールを取り付けるときは少しコツが必要だ。

バンパーモールには写真9のようなツメが付いている。まず、これをバンパーにうまく差し込む。


写真9 バンパーモールのツメ

ただ、ツメを差し込んだだけでは、モールの先端が写真10のような位置になるだろう。


写真10 バンパーモールのツメを差し込んだところ

この状態からモール全体を前方に押して、写真11のようにモールの先端がバンパーにキッチリと入るようにする。


写真11 バンパーモールを前方に押したところ

そして最後にリア側のモールを元通りはめ込めば、写真12のようにバンパーモール同士が少しだけ隙間を空けてキッチリと入るはずである。


写真12 リア側のモールをはめ込んだところ

これでバンパーモールは元通りだ(嬉)。

バンパーモールの塗装はとっても簡単であり、つや消し黒スプレーもかなり安く手に入れることができる。バンパーに傷のある方は塗装してみたらどうだろうか。

レポートを書き終えてから「あぁ、バンパーに傷が・・・ − バンパーモールの塗装」を再読したのだが、かなり同じようなレポートになってしまっている。写真まで同じような感じだ(笑)。

■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ