2004年7月4日(日)

電動ヘッドレストの修理 − 今度は助手席側

以前に「電動ヘッドレストの修理 − ワイヤーが縮む?」で運転席側の電動ヘッドレストの修理を報告したが、今度は助手席側のヘッドレストが動かなくなったので修理した。

写真1に動かなくなった助手席側のヘッドレストを示す。


写真1 助手席側のヘッドレスト

まずは、シートのバックパネルを外す。バックパネルは上に持ち上げるようにして下側から外せばよい。バックパネルを外したところを写真2に示す。


写真2 バックパネルを外したところ

写真2の赤矢印のところにモーターがあり、そのモーターを固定している2本のネジをトルクスドライバー(T-20)で外す。

そして、モーターからワイヤーを外したところを写真3に示す。


写真3 モーターから外したワイヤー

このワイヤーから先端の金属を外す。外した金属を写真4に、外したワイヤーを写真5に示す。


写真4 外した金属


写真5 ワイヤー

写真4でわかるように、金属にはツメがあり、これを内側に折り曲げることによってスリーブに固定されている。外すときは無理矢理外せばいいが、再度取り付けるときには、事前にツメを元に戻しておく。

そして、このワイヤーのスリーブを写真6のように1cm程度切断する。


写真6 ワイヤーのスルーブを切断しているところ

そして、ワイヤーのスリーブに金属を取り付けて元に戻せば、修理完了である。

なお、シートのバックパネルは、写真7のように上部にツメが付いているので、これをシートの上部に引っかけてから、下側を押し込むようにするとすんなりと入る。


写真7 バックパネル

修理が完了すれば、ヘッドレストは写真8のように自由自在に上下に動作する。まぁ、ほとんど動かすことはないのだが・・・(笑)。


写真8 修理完了後のヘッドレスト


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ