2003年12月31日(水)

HIDバーナー交換 − 色温度8000K

先日から、右側ロービームの色が少し赤いなぁと思っていたら、急に「DIP BEAM」の警告が出た。どうやら、右側のHIDのバーナーが切れたようだ。

実際に右側のバーナーを取り出して見ると、放電部のガラス部分が真っ白になっていた。寿命だろうか? ちょっと短いような気もするが、まぁ、いずれにしろバーナーを交換しないとロービームが点灯しないので、夜間に走行することができない。

そんなわけで新しいバーナーを購入することにした。しかし、右側のバーナーだけ交換すると左右の色が違ってくるかもしれないし、左側のバーナーを実際に見てみると放電部のガラスが曇っていたので、この際、左右両方のバーナーを交換することにした。

購入したバーナーを写真1に示す。これは、H1タイプの色温度8000Kのものである。8000Kはちょっと青すぎるかもしれないが、まぁ、一度試してみよう。今回もYahooオークションを経由して、豊中の業者の方から購入した。購入価格は、18,000円(税込み)+640円(送料)であった。


写真1 購入したバーナー

購入したままでは、コネクタの形状が合わないので取り付けることができない。そこで、写真2のようにコネクタ部分を切断してギボシ端子を接続した。


写真2 ギボシ端子を接続したバーナー

交換は普通のバルブを交換する要領である。非常に簡単だ。

新しいバーナーでロービームを点灯させてところを写真3に示す。


写真3 新しいバーナーでロービームを点灯させてところ

う〜ん。8000Kは、やっぱり青すぎたか・・・(笑)。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ