2020年9月26日(土)

DD2号 エアコンエバポレータの洗浄 − 酸素系漂白剤で

先日、リビングのエアコンが臭かったので、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使って丸洗いした。これは写真1の蓄圧式の噴霧器の中にお湯で溶いた酸素系漂白剤を入れて、エバポレータやファンに噴霧することで洗浄するものだ。洗浄中はドロドロに汚れた水が出てきたが、そのためか洗浄後はまったく臭いがなくなった。これって、車にも使えるよな?


写真1 蓄圧式噴霧器

そこで、夏も終わり冷房を使う機会が減ってきたので、DD2号のエアコンのエバポレータも同様にして洗浄してみることにした。洗浄後にはファンを回してエバポレータを乾燥させなければいけないので、作業前から写真2のようにバッテリーを十分に充電しておく。


写真2 バッテリーを充電しているところ

まずは、写真3のようにボンネットを開ける。


写真3 ボンネットを開けたところ

そして、写真4のようにエアコンフィルタやそのトレイを外して、赤矢印のところからエバポレータにアクセスしやすいようにする。


写真4 エアコンフィルタやトレイを外したところ

赤矢印のところから覗いてみると、写真5のようにエバポレータの前面が見える。


写真5 エバポレータの前面

ここから噴霧器の先を入れてエバポレータを洗浄しよう。ペットボトルに45℃1.5リットルぐらいのぬるま湯を入れ、そこに適量の酸素系漂白剤を入れて溶かし洗浄液を作る。そして、写真6のように、それを蓄圧式の噴霧器に入れる。


写真6 洗浄液を噴霧器に入れているところ

そして噴霧器の蓋を閉め、写真7のように噴霧器のレバーをポンピングして蓄圧する。


写真7 蓄圧しているところ

これで準備OKだ。準備ができたら、写真8のように噴霧器でエバポレータを丹念に洗浄していく。


写真8 噴霧器で洗浄しているところ

洗浄液は写真9のように車の下から排出される。


写真9 排出された洗浄液

左右両側から丹念に洗浄したら、今度は写真10のように水で洗浄液を洗い流す。洗浄液が残らないように、丁寧に洗い流そう。DDは1リットル×3回ほど、水で洗い流した。


写真10 水で洗い流しているところ

洗い流した後は、エバポレータを乾燥させるために、エンジンはかけずにイグニッションをONにして、写真11のようにエアコンのファンを回した。


写真11 エアコンファンを回しているところ

20分ほどファンを回し、十分に乾燥させた後、外したエアコンフィルタやトレイを元に戻せば作業完了だ。作業後は、エアコンの臭いが完全に消えた。まぁ、もともとそんなに臭いはしていなかったのだが・・・。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ