2019年8月3日(土)

DD2号 下回りのチェック  − 異常なし

先日からエンジンが少し不調だが、その原因がイマイチわかっていない。エアフロセンサーは洗浄したが、特に変化は見られなかった。かといって、10万キロ以上走っているので、壊れていないとは言い切れない。いずれにしても、最近車の下に潜っていないので、この際、下回りをチェックしておこう。

DD2号はスプリングを変更して少し車高を下げている。「車高の低さは知能の低さ」ということわざがあるが、DD2号の場合は少ししか下げていないので大丈夫だ(?)。それはさておき、車高を下げているのでジャッキアップするときには、まず写真1のような低いスロープを前輪の前に置く。


写真1 低いスロープを置いたところ

そして、車を少し前に進めて、写真2のようにスロープに前輪を載せる。


写真2 スロープに前輪を載せたところ

その後、写真3のように後輪に輪留めをしておく。一応、サイドブレーキは強く引いてはいるが、念のために輪留めもしておこう。


写真3 後輪に輪留めをしたところ

ここで前側からフロアジャッキを入れて前輪を持ち上げ、写真4のように左右のジャッキポイントにウマを入れて支持する。


写真4 ウマを入れたところ

今回は下回りのチェックのために車の下に潜るので、かならずウマをかけておこう。

さて、エンジン下のアンダーカバーを外して以前に交換したウォーターポンプのところを見てみると、写真5のように冷却水漏れもなさそうだ。


写真5 ウォーターポンプの下側

また、以前にオイル漏れから交換したパワステポンプも、写真6のようにオイル漏れは見られない。


写真6 パワステポンプの下側

その他にもエンジン回りを見てみたが、特に怪しいところはなかった。ついでに、前輪のアーム類を写真7、8に示す。これらも、特にブーツ割れ等はなかった。


写真7 左フロントアーム


写真8 右フロントアーム

エンジン不調の原因はわからなかったが、オイル漏れや冷却水漏れがなかったので、ちょっと安心した。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ