2018年12月15日(土)

DD2号 シートの擦れ補修 − 靴クリームで

DD2号は10万キロ近く走っており、写真1のように運転席側のシートもそれなりの擦れが見えるようになってきた。


写真1 運転席の擦れ

これは乗り降りの時に衣服が擦れたことにより、革の着色が取れてきたものだろう。近くで見てみると、写真2のように白っぽくなっているのがわかるだろう。


写真2 擦れた部分の拡大

Google先生に聞いてみると、この擦れを補修するには一般的な黒色の靴クリームを使えばいいらしい。そこで、写真3のような靴クリームや靴ブラシ等を用意した。


写真3 靴クリーム等

まずは、写真4のように軽く補修部分を靴ブラシで軽く掃除する。


写真4 靴ブラシで掃除しているところ

その後、写真5の黒色の靴クリームを用意する。


写真5 靴クリーム

写真6のように、この靴クリームを小さなブラシに取り、擦れたところに少しずつ丁寧に乗せていく。


写真6 靴クリームを乗せているところ

その後、写真7のように靴ブラシで軽く丁寧に何度もブラッシングする。


写真7 ブラッシングしているところ

最後にやわらかい布でブラッシングしたところを拭き上げれば、写真8のように擦れが目立たなくなる。


写真8 目立たなくなった補修跡

簡単に擦れた部分が目立たなくなるので、是非試してもらいたい。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ