2018年7月28日(土)

DD2号 USB電源 − 取り付け

前回のレポートで組み立てたことを報告したUSB電源だが、早速取り付けてみようと思う。ただ、誰かの言葉ではないが、今年の京都の暑さは半端ではないため、ちょっと躊躇する。なんて言ってないで、とりあえず取り付けてみよう。取り付け場所は写真1に示す灰皿部分だ。


写真1 DD2号の灰皿

実はすでに灰皿は取り外し、写真2のようにエンジン始動で+12Vが来る電源ラインを用意している。これは以前に付けていたUSB電源のものだ。


写真2 電源ライン

この電源ラインに組み立てたUSB電源を接続して、パネルの両端をネジで固定すれば取り付け完了だ。車のエンジンをかけると、写真3のように電圧と電流が表示される。


写真3 取り付けたところ

このUSBコネクタにスマートフォンを接続してみると、写真4のようにちゃんと充電電流が流れる。


写真4 充電中(通常)

これにQuick Charge対応のスマートフォンを接続してみると、写真5のように9Vで充電が始まる。


写真5 充電中(Quick Charge)

これでOKだ。

ちなみに、このUSB電源の製作費は以下のとおりである。

品名 

  価格   
ネジ類

270

USB電源基板

551

LED電圧計

131

LED電流計

281

USBコネクタ

173

合計

 1406円

いろんな部品を買っていると、意外と値段が高くなるなぁ。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ