2018年4月14日(土)

DD2号 ワイパーゴムの交換 − ゴムだけ

以前より何度かDD2号のワイパーブレードを交換していたのだが、ワイパーブレードの種類によってはゴムだけの交換もできそうなことに気づいた。ワイパーブレードを交換すると結構高くついてしまう。といっても、ケチなDDの場合は2本で1,000円もしないのだが・・・。

交換できそうなワイパーブレードは、写真1のようなタイプである。


写真1 ゴム交換可能なワイパーブレード

交換可能かどうかは、端のキャップが簡単に取れそうかどうかによる。このワイパーブレードでは、写真2の赤矢印のところに穴が開いている。


写真2 ワイパーブレードキャップの穴

写真3のように、この穴に細い棒を押し込む。


写真3 穴に押し込んでいるところ

すると、写真4のようにワイパーブレード端のキャップを外すことができる。


写真4 キャップを外したところ

キャップが外れれば、写真5のようにワイパーブレードを分解することができる。


写真5 分解したところ

新しいワイパーゴムは、60cm×6mm (24インチ×6mm)のものを2本用意した。購入したワイパーゴムを写真6に示す。送料込みで120円であった(2本分)。やすっ! もちろん、中国からの輸入だ。


写真6 購入したワイパーゴム

パッケージの中を見てみると、写真7のように2本がくっついている!? ナニコレ?


写真7 2本がくっついたワイパーゴム

えーっ!? と思ったが、2本を引っ張ってみると、裂けるチーズのように簡単に分離することができる。写真8に分離しているところを示す。


写真8 分離しているところ

写真9のように手で引っ張るだけで簡単に2本に分けることができた。


写真9 2本に分けたワイパーゴム

後は、元通りに組み立てていくだけだ。E63の場合、左側のワイパーブレードは60cmなのでちょうどのサイズだが、右側のワイパーブレードは55cmなので、組み立てる際に写真10のように余った分を切らないといけない。


写真10 余ったワイパーゴムを切っているところ

長さをきちんと合わせて切ると、写真11のようにちょうど端までワイパーゴムが納まることになる。


写真11 ワイパーゴムの端

このタイプのワイパーブレードはワイパーゴムの交換が簡単だ。しばらくこのワイパーブレードを使ってワイパーゴムだけ交換することにしよう。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ