2017年12月9日(土)

DD2号 車検 − いつものtake-Mさんにて

DD2号の車検の時期が来たので、いつものようにtake-Mさんに車検をお願いした。このDD2号も新車から9年、約9万kmということもあり、そろそろいろんなところにガタが来ているかもしれない。

車検自体は通るようだが、下記のところを指摘された。

(1) パワステポンプからのオイル漏れ

図1に示すパワステポンプからオイル漏れがあるようだ。「オイルが漏れるのはオイルが入っている証拠」だが、まぁ、近いうちに交換しないといけないだろう。


図1 パワステポンプ

(2) フロントスラストアームのラバーマウントの劣化

フロントスラストアームのラバーマウントが劣化しているようだ。図2に該当のラバーマウントを示す。DDは油圧プレスを持っていないので、アームごと交換するのか、ラバーマウントだけ交換するのかが悩ましいところだ。


図2 フロントスラストアームのラバーマウント

(3) リアアッパーコントロールアームの劣化とグリス漏れ

リアアッパーコントロールアームが劣化しており、ボールジョイントの部分からもグリスが漏れているようだ。図3に該当のコントロールアームを示す。


図3 リアコントロールアーム

(4) ウォーターポンプとサーモスタット

DD2号には電動ウォーターポンプが付いているのだが、8万kmを過ぎたあたりから故障することがあるらしい。ウォーターポンプが壊れるとオーバーヒートで走れなくなるので、予防的措置としてウォーターポンプと付随しているサーモスタットを交換しておきたい。図4にウォーターポンプとサーモスタットを示す。


図4 ウォーターポンプとサーモスタット

(5)  エアフィルターエレメント

エアフィルターエレメントが汚れているようなので交換しておきたいところだ。図5にエアフィルターエレメントを示す。


図5 エアフィルターエレメント

(6) バッテリー

もう6年ほどバッテリーを交換していないので、そのうち突然上がってしまいそうだ。おそらく、この冬を越すのは難しいと思うので、早めに交換したいところだ。

上記の指摘があったのだが、とりあえず部品交換はせず車検だけ通してもらった。指摘された部分は、ボチボチと直していこう。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ