2017年7月22日(土)

DD2号 ホイール補修 − その16

3ヶ月ほどかかってホイールを補修・塗装したが、そろそろ最後の仕上げだ。写真1に内側を塗装したホイールを示す。艶消し黒だけあって、綺麗に塗装できている。


写真1 内側を塗装したホイール

写真2のように表面はマスカーでマスキングしているため、表面には全く黒い塗料が付いていない。


写真2 表面のマスキング

このマスカーを写真3のように剥がしていく。


写真3 マスカーを剥がしているところ

同様に、写真4のようにホイール裏面のマスカーも剥がす。


写真4 裏側のマスカーを剥がしているところ

このホイールを表返す。写真5のように(3メートル先から見たら)完璧にバイカラーで塗装されているのがわかる。


写真5 バイカラーで塗装されたホイール

写真6のように、このホイールのスポークのところをアルコールで脱脂しておく。


写真6 アルコールで脱脂しているところ

なぜなら、このスポークの凹んだ部分に黒いカッティングシートを貼るためだ。塗装前にはこの部分も黒く塗装しようと思っていたのだが、どう考えてもうまくマスキングできそうにない。そこで、この部分の塗装はあきらめてカッティングシートを貼ることにした。用意したカッティングシートを写真7に示す。今回は艶のある黒だ。


写真7 用意したカッティングシート

これの裏側に写真7のような切り取り線を印刷して、写真8のようにカッターで切り取っていく。


写真8 カッティングシートを切り取ったところ

角のところは剥がれにくいように、写真9のようにしてハサミで丸めておく。


写真9 角を丸めているところ

これを20枚以上作成する。実際にはうまく貼れなかった時も考慮して30枚以上作成した。写真10に作成した黒いシールを示す。


写真10 作成した黒いシール

このシールを写真11のようにホイールのスポークの部分に貼っていく。


写真11 シールを貼っているところ

不器用なDDはなかなかキチンと貼れない・・・。先端のほうは、写真12のようにピンセットを使ってなんとか貼ってみた。


写真12 先端を貼っているところ

微妙に曲がったりしながらも、なんとか写真13のように貼ることができた。


写真13 シールを貼ったところ

このようにして、4本のホイールのスポークすべてにシールを貼った。写真14にシールを貼ったホイールを示す。


写真14 シールを貼ったホイール

イメージしていた通りの塗装(+シール)ができた。次は、いよいよタイヤを取り付けてみよう。つづく。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ