2016年8月6日(土)

DD2号  リムガードの取り付け − 貼るだけ

現在、DD2号には中古で購入した18インチのホイールが付いているが、写真1のようにリム部分に長いガリ傷のあるものがある。


写真1 ホイールのガリ傷

一番ひどい部分は、写真2に示すようにかなり大きな傷になっている。


写真2 ガリ傷の拡大

タイヤが減ってきてタイヤ交換をするタイミングでこの傷を補修しようと思っているが、それまで放置しておくのも忍びない。そこで、リムガードを貼ってガリ傷を隠してみることにした。用意したのは、写真3の箱に入っているリムガードである。購入価格は994円(送料込み)であった。


写真3 用意したもの

写真4に箱から出したリムガードを示す。色は無難に白を選んだ。長さは8mあるので、21インチぐらいのホイールまでは十分貼れる。


写真4 リムガード

これは、幅1cmのTPUのような弾力性のあるプラスチックで裏側に3Mの両面テープが付いたものだ。いい感じの硬さ&柔らかさがあるので、リムに沿って貼っていくのも簡単だ。

まず、リムガードを貼り付ける前に、写真5のようにアルコールとキッチンペーパーでホイールのリム部分を念入りに脱脂する。3度ほどしっかり拭けばいいだろう。


写真5 脱脂しているところ

そして、写真6のように両面テープの剥離紙を剥がしながらリムに沿ってリムガードを貼っていく。このとき気温が低いとうまく両面テープが貼りつかないので、そのときはドライヤー等で温めながら貼ればいい。まぁ、今は夏なのでそのままでも問題ないが。


写真6 リムガードを貼っているところ

リムに沿って1周貼ったら、写真7のように余った部分を切る。このとき、ちょうどの長さではなく2〜3mmぐらい長めに切っておくとリムガードの両端がキッチリと合わさる。


写真7 余りを切っているところ

写真8にリムガードを貼ったホイールを示す。


写真8 リムガードを貼ったホイール

ガリ傷があった部分の拡大を写真9に示す。


写真9 ガリ傷があったところ

確かにガリ傷はほとんど見えなくなっている。しかし、ホイールの色とリムガードの色が近いので、リムガードを貼っていることがあまりわからない。

車全体をみたらどうだろうか? 写真10、写真11にリムガード貼り付け前後のDD2号を示す。


写真10 リムガード貼り付け前のDD2号


写真11 リムガード貼り付け後のDD2号

はい。全く違いがわかりませんね(苦笑)。まぁ、ガリ傷を隠すのが目的だからいいか・・・。

ちなみに、画像処理でリムガードの色をいろいろと変えてみると、写真12〜15のような印象になる。


写真12 黄色のリムガード(イメージ写真)


写真13 青色のリムガード(イメージ写真)


写真14 オレンジ色のリムガード(イメージ写真)


写真15 赤色のリムガード(イメージ写真)

DDの好みとしてはオレンジ色かな? 機会があれば、オレンジ色に貼り換えてみようかなぁ。


 

■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ