2013年4月23日(火)

擦り傷 − コンパウンドで

最近、すいぶん暖かくなってきたので、久しぶりに洗車してみると、右後ドアからフェンダーにかけて擦り傷が付いているのを見つけた。写真1に擦り傷を示す。


写真1 擦り傷

写真では一見わからないかもしれないが、よく見ると写真2のように白い塗料が付いている。


写真2 擦り傷(拡大)

また、フェンダー部分は少し凹んでいる。DDが運転中にどこかに当てた記憶はないので、どこかに駐車しいるときに当てられたのだろう。DD号を間近で見られた方はご存知だと思うが、DD号は小さな傷や凹みが満載であり(苦笑)、いまさら一つ二つの傷が増えたところでキニシナイ。

とは言っても、目立つ傷があるのはイヤなので、コンパウンドで磨いて傷を目立たないようにした。用意したコンパウンドは、写真3のようなものである。


写真3 コンパウンド

緑色の方は細目、赤い方は中細である。まずは、写真4のように細目で磨いて、徹底的に塗料や傷を消す。ここで頑張って磨いておく。


写真4 コンパウンドで磨いているところ

次に、中細で磨き傷を消していけばいい。5分も磨けば傷や塗料は目立たなくなった。その後、写真5に示すカーラック68というコーティング剤でコーティングしておいた。


写真5 コーティング剤(カーラック68)

カーラック68はいわゆる「ポリラック」とほとんど同じもので、同じ会社が製造している。これは、10年以上前に買ったものだが、3リットルも買ってしまったため、まだ残っている。DDはコレしか使っていないのに・・・。

コーティング後は、写真6に示すように、ほとんど傷が目立たなくなった。ただ、あたりまえだが、フェンダー部分の凹みは直っていない。


写真6 コーティング後

そういえば、さすがに3リットルあったカーラック68もそろそろ底をついてきたので、何かコーティング剤を買わないといかないなぁ・・・。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ