2009年7月30日(木)

リアステアリングアームの交換 − 再び右だけ

DD号は何故か右側のリアステアリングアームのブーツがすぐに裂けてしまう。もちろん、サードパーティの製品を使っているのが原因だとは思うが、左側は同じ製品を使っていても大丈夫である。

ステアリングアームのブーツぐらい多少裂けていてもいいか!? と思っていたのだが、最近、少し段差のあるようなところで右リアからゴトゴトと音がするようになってきたので、リアステアリングアームを交換してみることにした。なお、交換方法の詳細については、「リアステアリングアームの交換 − 右側のみ」や「リアステアリングアーム(ピットマンアーム)の交換 − Mゴロー号」を参照して欲しい。

まずは、写真1のように、右リアをジャッキアップしてウマをかけタイヤを外す。


写真1 右リアをジャッキアップしたところ

リアステアリングアームを見ると、写真2のように奥側のブーツが見事に裂けている。


写真2 ブーツが裂けているリアステアリングアーム

これを外して新品と比較したところを写真3に示す。


写真3 新旧比較(右が新品)

どうしてこんなに簡単にブーツが裂けてしまうのだろう? やっぱり安いから!? なんせ、ひとつ$18だから・・・(Karlyn製)。

これを取り付けるときは、写真4のようにリアの車軸を少し上げてやり、少しステアリングアームの穴の向きを調整してやるとすんなりとボルトが入るだろう。


写真4 リアの車軸を少し上げているところ

交換後は、写真5のように輝くばかりの(?)リアステアリングアームだ。


写真5 新しいリアステアリングアームを取り付けたところ

でも、これもいつまで保つんだろう・・・?


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ