2008年12月10日(水)

E32 ブレーキサーボユニットのレギュレータの取り付けグロメット交換 − あるぴな小僧さんより

E32にお乗りのあるぴな小僧さんより、ブレーキサーボユニットのレギュレータの取り付けグロメット交換のレポートをいただいたので紹介しよう。


【はじめに】

今回のレポートは11月30日に開催された吹田メンテオフでの作業メニューで2つのレポートを紹介しよう。

まずは、ブレーキサーボユニットのボルテージレギュレータの取り付けグロメットの交換だ。

先日ブレーキのプレッシャースイッチの交換をした(忘れていて画像がないのでレポートもありません、笑)。スイッチからオイルがにじみ出て周りを綺麗にしてもすぐオイルで汚れてしまう。そんな状態を改善するためにスイッチを交換した。そのときにオイルを掃除するべく取り付けボルトを外したときグロメットが割れてしまったので交換することにした。

 

【グロメットの交換】

ボルテージレギュレータ@にはプレッシャースイッチABとアキュムレーターCが付いている。

矢印が交換したプレッシャースイッチである。


このステーの下側にぶら下がっている。

このグロメットを交換する。


左は正常だが右は潰れて割れている。

ボルトを外す。


スリーブは下から差し込んである。

スリーブを外してグロメットを抜こうとしたが、割れてしまった。


手前にあるのが新品である。

新しいグロメットを挿入する。


柔らかいので、スッと入った。

下からスリーブを挿入する。

ボルトを締めて出来上がり。

感想・・・・特になし。

ゴムやプラスチックの部品を触るときは劣化しているので注意が必要だ。とくにエンジンルーム内は要注意。


エンジンルーム内のプラスチック部品は確かに要注意だ(笑)。

末尾ではあるが、いつもマニアックなレポートをいただいくあるぴな小僧さんに感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ