2008年2月24日(日)

HIDの取り付け(ロービーム & フォグ) − medama1goさんより

今回はmedama1goさんよりHID取り付けのレポートをいただいたので紹介しよう。


今年の初め、所用にてDDさん宅を訪問した際にヘッドランプの話になり、

「HIDいいですよ〜。最近は安くなってますし、オークションでセットで1諭吉前後なんていうのもありますからねぇ〜」

と、微妙に背中を押された、なんて事を某北のお方のブログにコメントしたら、「それ、背中をどーん!」と思いっきり押されまして、ついにポチってしまいました。

購入したのはこちらの2セット。

左側の薄汚れたのが三菱製、右側の綺麗な方が小糸?デンソー?製。

どちらもトヨタ純正だそうですが、左側は微妙です。トヨタの純正で三菱製って...?

バーナーはデンソー製のほうが8000K。三菱製のほうが3000K。

デンソー製のほうは既に汎用バーナー向けのコネクターが取り付けてあり、ほぼポン付け状態でした。(一応、純正流用キットという名目での出品でした。)

まずはデンソー製の方。とりあえず開けてみます。

どうやら岩野師匠のレポートにあったバラストと同じもののようです。基盤には既に透明のシリコンが充填してあるり、いくらか防水はしてあるようなので、ケース側にシールをしました。

今度はこちらの三菱製。

ケースが開かないので、周囲の合わせ目にシール剤を盛りました。

使用したのはPOSシールブラック。何のことは無い、以前に雨漏りの修理をしたのがあまっていたから使いました。

こちらはまともにD2用のコネクターですので、これをぶった切ります。

防水高圧コネクターを圧着するのですが、これがなかなかサイズが小さく圧着しにくいので、半田付けもしておきます。

ちなみにこの三菱製、高圧側も+−(ホット、コールド?)が分けてあり、しかも+側の線が太いため、カプラーになかなか入りませんでした。このタイプのバラストはかなり安く手に入りますが、高圧コネクターではなく、通常のギボシ端子でつけたほうが良いかも知れません。

さて、バラスト側が終わったら、車両へ取り付けです。

まずは取り付け前。

昼間ですので、余計にぼんやりとして見えます。(笑)

ライトユニットを外すのに、グリル周りを外すのですが、ここで私はこのような棒でクリップを押します。

これは、コイツ。

コーキングガンの部品ですが、先端のナット一つで簡単にばらせます。また、長さ太さともにジャストフィット。力も入れやすく、お勧めのツールです。

そしてグリル周りが取れたところがこちら。

どう見ても部品取り車にしか見えませんね。ボンネットのくすみ具合がいい感じです。(笑)

ライトユニットを外すには、このようなドライバーを駆使して外します。

これでウインカー付近の螺子も幾分楽に外せます。

で、外したリフレクター。

なんだか、向かって右側(車両左側)のリフレクター、様子が変です。衝撃の映像はこちら。

なんと、リフレクターのメッキが剥げるに留まらず、素材のプラスチックが沸いてしまい、バルブ穴周辺はその熱のため、炭化してボロボロになっていました。

そういえば、以前から左がなんか暗いよとは言われていたのですが、まさかこんな状況とは思っても見ませんでした。

で、こちらでヘルプをお願いしたところ、NENA様より「あまってるよ」と、有り難いお申し出があり、ご好意に甘えることにしました。

こちらが、そのNENA様よりお譲り頂いたリフレクター。

さすがに綺麗です。

そこで、この劣化の酷いほうのユニットのみ交換しようと思ったのですが、ここで意外な事実が発覚。

こちらが旧い方

そして、こちらが新しい方。

分かりますか? 遮光版の形状が違うのです。

まぁ折角ですし、右側のリフレクターもお世辞にもまともとは言いかねる代物でしたので、両方とも交換することにしました。

と、あいにくの雨が... しかし、終わらせなければ、夜勤に行くことも出来ず...

急遽テントの出動となりました。

はい、バカです。分かってます、そんなこと。(自爆)

こちらが車両内部から見たところ。

正面にロービームのキャップが見えますね。その下に見えにくいですがフォグライト用のバラストがあります。バンパーのアルミの補強剤に強力両面テープで貼り付けてあります。

これはロービーム用のバラスト。

左はこの通り左側タイヤハウスに、右側はウォッシャータンクに、同じく強力両面テープで貼り付けてあります。

ついでに、光軸調整モーターの取り付け部。

壊れたので、ビスに置き換えてあります。あまり締め付けると、動きに支障が出そうなので、
ネジ止め剤を塗布して、ゆるめに締めてあります。

こちらは右側ヘッドライト裏側のカバー。

左下丸印部分がバラストにあたるので、切除してあります。

で、こちらが完成後。

ロービームの青白さがと、より光量の増したフォグが目を惹きます。ハイビームは依然H1のままですが、真正面を向いているだけあって、一番明るく写ります。

とりあえず、現状夜間を何度も走っていますが、明らかに違う照射範囲にビックリです。それと同時に、E34にこの色は無いだろ!?という戸惑いも半分。

まぁ、総額で5諭吉以内で済みましたので、満足度の高いメンテではありました。

 

おまけ1

HIDインストール中に見つけました。

ラジエーターの脇に刺さっている水温スイッチ。なんと真ん中の端子がもげています。

仕方が無いので、汎用端子を半田付けし、とりあえず復活。

 

おまけ2

こちらはMr.Kから頂いたエンブレムのフロント用。

ナローグリルの場合、ちょうどいい場所につけようとすると、見事に裏側のフィンに干渉します。

そこで、フィンを一度はずし、干渉する場所を切り欠いてやるとスマートに取り付けが出来ます。


一気にロービームとフォグをHID化したようだ。これで夜間走行も安心だろう。ちなみに、遮光板の違いは、上の写真が日本仕様、下の写真がEC仕様(通称、髭ライト用)だ。どちらも、日本で使用する場合には、左側の配光が上を向くようにするのだが、リフレクタに付いているマーク(RD/LG)が逆なので、組み立て時には注意が必要だ。

末尾ではあるが、いつも詳しい説明で有用なレポートをいただいくmedama1goさんに感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ