2008年1月11日(金)

リアアッパーマウントの交換 − medama1goさんより

今回はmedama1goさんより、リアのアッパーマウント交換のレポートをいただいたので紹介しよう。


E34な皆さん、明けましておめでとう御座います。頭の中は年中正月のmedama1goです。

私のブログで以前に書いたのですが、我が535は、以前より左後ろからゴトゴトと異音がしており、時々人を乗せると、突き上げる感触がするなど、明らかに異常な状態でした。

そこで先日点検してみたところ、アッパーマウントの破損を確認。

これが今回のメンテの始まりでした。

で、先月の半ばに部品を注文。ところがこれが訳のわからないトラブルになり、半月ほど無駄に過ぎました。

で、何とか部品が届いたのが、あろうことか1月1日。郵便屋も大変だったと思います。ただでさえ年賀状で忙しいこの日に、何でわざわざ海外便なのかと(苦笑。

その届いた部品がこちら。

リヤアッパーマウントに、スタビライザーリンク、同じくスタビライザーブッシュとアッパーマウントガスケット。アッパーマウントの箱になにやらシールが。どうやら製造元のようですが、見てみると...

「SACHS NORTH AMERICA」 BMWのアッパーマウントはザックス製のようです(今回入れた部品だけ?)。

さて作業ですが、まずは車内から。ジャッキアップしてからだと少々不安ですので、ここは地上にあるうちに済ませてしまいましょう。

シート座面をはずし、

ヘッドレストを引っこ抜いて、ヘッドレスト取り付け部にあるカバーを外します。

次いで背もたれ両端付近の下部にあるナットと、

アームレストを倒した内側のカバーをめくったところにあるナットの計4個のプラスチックナットを外します。

さらに左側のシートベルトアンカーボルトを外し、

上へ持ち上げるようにして背もたれを外します。

シートが外れたら、パーセルトレイ前部にあるプラスチックピン4本を外し、

前側へ引き抜くようにしてトレイを外します。そのトレイ下の遮音シートをめくると、ようやくアッパーマウントとご対面です。

車内が済んだら車両をジャッキアップして馬掛けしてタイヤを外します。

今回はリヤのショックを外さないといけないので、少しでもやりやすくするためにスタビライザーの結合を外します。

まずブッシュをとめているブラケット2箇所を外し、トレーリングアームと、スタビリンクを結合しているボルトを抜きます。

後はスタビリンクとスタビは単に差し込んであるだけなので、引っ張れば抜けます。いや、抜けるはず。実際にはギヤプーラーで引っ張ってようやく抜けました。

で、この際ついでなのでリンクとブッシュは新品へ交換。新旧の比較です。

ここまで済んだら、今度はショック本体へ。

まずトレーリングアームに固定しているボルトを抜いて、ショック下部を切り離します。

スタビリンクもこのショックの下部も、抜けにくいときは素直に5-56等潤滑油のお世話になりましょう。たっぷりスプレーして一服していれば、割りと楽に外れるようになります。

後は車内で留めているナット3個を外せば苦も無くショックAssyが外れます。

で、アッパーマウントを交換するには、コイツをばらさなくてはいけません。私の車両にはビルのBTSが購入当時から組んでありましたので、ひょっとして必要ないか?とも思ったのですが(スポーツサスはスプリングが短いため)、DD様のご好意によりスプリングコンプレッサーをお借りすることが出来ましたので、こちらを使用してばらします。

ばらす時は出来れば2人で。一人がモンキーレンチやバイスグリップなどで、ショックのシャフトを押さえ、もう一人がメガネやスパナでナットを緩めます。インパクトがあれば一人でも可能だとは思いますが、その際は17mmのディープソケットが必要になります。

トップのナットとワッシャーを外したらアッパーマウントの全容が見えます。シャフト付近のクラックが見えますか?

裏側も擦れたゴムのカスがいっぱい。

お約束の新旧比較を。

旧マウントのそばにある黒い物体は、分離してしまったカラーです。はじめは付いていたのですが、ごそごそやっている内に「スポッ」と抜けてしまいました。

こちらは裏側

こんなのでショックが効く訳ないですね。もっとも、こんな状態になるのも異例なんでしょうけど。

後は元通りに組んで終了。本締めはトレーリングアームにジャッキをかけて馬から車体が浮きかけたところで規定トルクで...と行きたかったのですが、そのまま締めてしまいました。

手伝ってくれた友人いわく、「ストロークがそんなに無いから大丈夫だよ。」

まぁ何とかなるでしょう^^;。<オイッ!

この後、サイドブレーキの調整もしたのですが、なかなか見辛く、かなり不本意な出来なので、これは後日リベンジしたいと思います。

以下が今回発注した部品のリストです。

Item Name Item Price Quantity Item Total Detail
33-55-1-131-155-BOE $7.75 2 $15.50 Rear Sway Bar Mounting Bushing, 15mm, Std Suspension 2 per car, sold per each, 318i/is/iC 06/92-99, 323i/is/iC 1996-99, 325i/is/iC 06/92-95, 328i/is/iC 1996-99, Each
33-55-1-135-307-M290 $10.00 2 $20.00 Rear Sway Bar Link, 2 Per Car, BMW E34 5 Series, All, Each
33-52-1-129-567-M9 $0.75 2 $1.50 Gasket, for Rear Upper Shock Mount to Body, E34 525i/M50/Touring, 530i/530i Touring, 535i, 540i, M5; E32 735i/iL, 740i/iL, 750iL
33-52-1-132-270-M10 $19.75 2 $39.50 Rear Shock Mount, For Cars Without Self Levelling Suspension, 2 Per Car, BMW E34 5 Series, All

発注先はいつものペリカンパーツ。カードがらみで少々トラぶりましたが、以後はこうならないよう願いたいものです。

インプレッションとしては、当たり前の話ですが、異音や突き上げ感は解消されました。さらにコーナリング時など、今までリヤが若干沈んでいたのが無くなったためか、とてもナチュラルな反応をするようになり、曲がるのが楽しい車になりました。

まぁいつもの如くメンテをするたびに新しいトラブルを見つけるのですが、今回は燃料ホースがヒビだらけになっているのを見てしまいました。これも早々に何とかしなければまずいでしょうね。車検も控えているのに〜!!


リアショックのアクセス方法が非常に丁寧に説明されていて、とてもわかりやすいレポートだ。

末尾ではあるが、有用なレポートをいただいたmedama1goさんに感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ