2006年12月11日(月)

ツールボックスの不閉修理 − 金ちゃん1919さんより

今回は初投稿の金ちゃん1919さんより、トランクにあるツールボックスの修理レポートをいただいたので紹介しよう。


今年の夏も幾度かキャンプに行ったが、3ナンバーとは言え、さすがにルーフキャリヤー無しのセダンで、4人分のお泊りキャンプ道具を積むのは結構辛い。室内もいっぱいじゃ〜。

トランクに荷物を満載して勢いよく締めたら、ツールボックスの止めネジの先が折れてしまい、口が閉まらない状態になってしまった。BMWではよくあるお決まりの光景である(そんなこと無い無い)。

数ヶ月放置プレイにして置いたのだが、最近友達の前でトランクを開ける事が度重なり、恥ずかしいので修理する事にした。貧乏な外車所有者にはよくありがちな修理の動機で有る(有る有る
!?)。

部品は部品番号を調べて行きつけのディーラーさんへFAXで注文。直ぐ入荷した。ディーラーでタイトミニスカート姿の受付け嬢を見る為に、部品を小出しに注文しているのは、私だけではないはずだ(そうだそうだ!助平)。

No.2:SCREW PLUG 71 11 1 179 444 280円?

No.3:THREADED PLUG 71 11 1 179 445 280円?

伝票が見当たらないので、金額は定かでないが、些細な金額である。

まずは、ヘリサートプラグ(ナット側)をどう外すかだが?

溝が有るのが解かるだろうか? この溝の分が押し込む時に潰れシロと成り、はめ込んであるのだから、プライヤー等で摘んで引っ張れば良いように思うが、これがどうして・・・、クロスした二辺を同時に咥える事が出来ない。

くちばしの細い車載プライヤーでグニグニひねり取る策へ移行するに時間は掛らなかった、が取れるまでには時間が掛った(汗)。

ヘタったトランクダンパーの為、何度か作業中とランクが倒れて来るので、要ヘルメット承着作業に、自車事故認定措置とした(あっちもこっちも不具合の残留)。

取れたら、プライヤーで着いた傷を見ないふりをして、新しいヘリサートプラグをプラハンマーで軽く叩いてはめ込み完了!

蝶ねじはEリングのような物で抜け止めされているのかと思いきや、ただのねじ込みであった。反時計回りにしたときに外れるように、スクリューエンドをマイナスドライバーで押さえつけて、反時計回しに回しすと簡単に外れた。

ネジの頭が少しモゲただけだと思っていたら、けっこう欠損していたのだ。新旧のネジ交代の記念写真を撮る。

指に馴染んだ蝶ネジ君さようなら。また会う日まで・・・。本当は来週の不燃物の日に、ゴミとして出すんだから、もう会えないよ。ごめんネ。

初のメンテナンスレポートなので、読みにくい文面はどうぞ、ご寛容に受け止めていただけます様、お願い申し上げます。


金ちゃん1919さんは初投稿なのだが、いきなり「ツールボックスの修理」というマニアな線を攻めてきている。いきなり「投稿上級者」だ(笑)。

末尾ではあるが、なかなかツウなレポートをいただた金ちゃん1919さんに感謝する。さて、次回はどんなレポートだろうか!?


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ