2006年9月3日(日)

アルミペダルの取り付け − といさんより

今回は、といさんよりアルミペダルの取り付けレポートをいただいたので紹介しよう。


素っ気ない我がE34の足元にアクセントを!と、アルミペダル&フットレストを付けてみました。

はーい施工前です、見慣れたペダル周りですね!

これが今回購入したペダルセットです。E36とも共通だそうで箱にはE34の表記はありません… Mのマークは当然○セ物です。このマークを削り取ろうか考えましたが思ったより深くあきらめたのです。

まずはいちばん奥のフットレストから取り付け開始です。この純正のフットレストってカーペット敷きにマットも何も掛かってなくてむき出しなのが気になっていました。特に雨の日には足を乗せるのを躊躇する私でした。マットをはがして位置を確認すると当然ピッタリです。

電動ドライバーでビスをねじ込むと簡単に完了〜

と、そう甘くはありません!左上のビスはビスが短いのかフロアが軟弱なのかグラグラしております。手持ちのビスから同じ太さの長めのビスを探して交換してなんとか留まりました。

次はブレーキペダルですが、まずペダルにかぶせてあるゴムをはがします。

はがしたら取り付けるアルミペダルを位置合わせしてビス穴を開けます。穴は小さく開けてだんだん広げていきました。

何度もペダルがまっすぐ取り付けられるように位置を確認しながらの作業です。残念ながら手が2本しかないのでペダルを押さえながら電ドリしている画像はありません。

とにかくブレーキペダルは硬い!なかなか貫通しないのです。電ドリのバッテリーがあやしくなってきたのでここらでアクセルペダルに浮気してみましょ〜(笑)

アスセルペダルは樹脂製なのでとっても簡単に穴が開きます。ペダルの裏側からビスを固定するナットを押さえるのにペダル裏が狭く何度もナットを落としてクラクラきました。 が、なんとか完了です。

バッテリーが切れてしかも1時間充電だし暗くなってきたし、本日の作業は中止せざるを得ません。残念ですがまた来週〜

寝て起きて寝て起きて寝て起きて…はい!1週間が経ちました。

ビンビンのバッテリーで今日もブレーキペダルに挑みます。すると楽勝〜あっと言う間に穴あけとビス留めも完了です。

乗ってみるとブレーキペダルがゴムによって感触が柔らかかったのが少しですが「カチッ」とした感覚になりました。

完成後の注意点としては、乗っていて”つい”足元を見そうになりますのでわき見運転にならないように…って感じでしょうか?

最後になりましたが、ペダル周りは重要な部分ですので施工はくれぐれも自己責任で逝っちゃってください!


といさんのレポートはいつも軽快な口調ながらかなり詳しいので、実際に施工を考えている方には有用だろう。それに、読んでいるだけでも面白い(笑)。末尾ではあるが、いつも面白いレポートをいただいく とい さんに感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ