2004年3月14日(日)

ボンネットエンブレム交換 − 走行中にはがれた!

先日、高速道路を走ってから車のボンネットを見ると、ボンネットのBMWエンブレムが剥がれているのに気付いた。走行前には確かに剥がれていなかったのに・・・。

最近のBMWのエンブレムは昔のような七宝焼きではなく、プラスチックの台にフィルムを貼り付けただけのようである。そのフィルムが紫外線や酸性雨の影響で経年劣化して剥がれてくるようだ。

写真1に剥がれたエンブレムを示す。


写真1 剥がれたエンブレム

エンブレムが剥がれたままなのも格好悪いので、新品のエンブレムに交換することにした。新品のエンブレムはディーラーで購入した。購入したエンブレムを写真2に示す。


写真2 購入したエンブレム

なお、エンブレムの他に、エンブレムをボンネットに取り付けるときにスリーブも購入しておいた。

品目 パーツナンバー 個数 単価
ボンネットエンブレム 51 14 8 132 375 1  2,450
スリーブ 51 14 1 807 495 2 60

消費税

128

合計

2,698

エンブレムの外し方であるが、ヘタに外すとボンネットに傷がつくかもしれない。いろいろ調べてみると、荷造りに使う黄色のテープ状の紐を使うといいようである。

まずは、写真3のようにエンブレムの下にテープを入れる。


写真3 エンブレムの下にテープをいれたところ

そして、2本のテープの両端を持って、エイヤッと引っ張るとエンブレムが外れる。これが意外と固い。まぁ、すぐに外れると問題なのだが。。。。 エンブレムが外れたところを写真4に示す。


写真4 エンブレムを外したところ

エンブレムに下は、意外と汚れている。この際だから、掃除しておこう。


写真5 エンブレムの下を掃除しているところ

このまま、エンブレムなしでもすっきりしていていいかもしれない。エンブレムのない車を写真6に示す。


写真6 エンブレムのない車

これで、キドニーグリルをブラックにしたら、きっとグロリアと見分けがつかないであろう(笑)。

いらん事を考えてないで、新しいエンブレムを取り付ける。まずは、スリーブを押し込んでから、エンブレムを押し込む。とても簡単だ。写真7に新しいエンブレムを取り付けたところを示す。


写真7 新しいエンブレムを取り付けたところ

最後に、新しいエンブレムと剥がれたエンブレムの比較を写真8に示す。


写真8 新しいエンブレムと剥がれたエンブレム

この作業は簡単でありエンブレムの価格も安いので、エンブレムが変色していたり、エンブレムのフィルムが浮いている人は、気分転換に新品に交換してみるのもいいだろう。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ