2004年3月13日(土)

ハンドルぶれ修理(2) − take-Mさんにて

前回の「ハンドルぶれ修理(1) − take-Mさんにて」に引き続き、今回もtake-M(注:「テイク・エム」と読む)さんで作業をお願いした。今回はアーム類の交換である。交換する部品は、ドイツのSPEEDから個人輸入したものであり、すべて純正部品ではなく互換品である。敢えて互換品を輸入して、互換品の品質を確かめるつもりだ。決して、価格が安いからという安直な理由ではない(嘘)。

交換する部品は、図1に示すコントロールアーム、スラストアーム、スラストアームのブッシュ、


図1 コントロールアーム、スラストアーム、ブッシュ

図2に示すスタビライザーリンク、


図2 スタビライザーリンク

および、図3に示すリアのステアリングアームである。


図3 リアのステアリングアーム

また、SPEEDから輸入した部品は以下のような互換部品である。


写真1 コントロールアーム(左右、鉄製)


写真2 スラストアーム(左右)


写真3 スラストアーム用のブッシュ(左右)


写真4 スタビライザーリンク(左右)


写真5 ステアリングアーム(リア用、左右)

表1に部品番号と価格をまとめる。

表1 個人輸入した部品

部品名 純正パーツナンバー 個数 単価(ユーロ)
コントロールアーム LH スチール 31 12 1 139 991 1 55.85
コントロールアーム RH スチール 31 12 1 139 992 1 55.85
プッシュロッド(スラストアーム) LH ラバーなし 31 12 1 141 097 1 55.85
プッシュロッド(スラストアーム) RH ラバーなし 31 12 1 141 098 1 55.85
スラストロッドラバーマウント 31 12 1 136 605 2 16.47
ベンドラムサポート(スタビライザーリンク) 31 35 1 134 582 2 15.53
ステアリングアーム(リア) 33 32 1 126 476 2 37.14
送料     98.00

合計

459.68

もちろん上記のものはすべて互換品であり、純正部品ではないが、上記の純正部品をディーラーで購入すると、消費税を含めて16万円以上もする。

今回もこれらの部品の交換作業をtake-Mさんにお願いした。以下は、take(注:「タケ」と読む)さんにお願いして作業時に撮影してもらった画像である(通常は作業の邪魔になるので撮影はしてもらえないが、無理にお願いした)。

写真6は、互換品のスラストアームブッシュである。


写真6 互換品のスラストアームブッシュ

写真7は、純正のスラストアームブッシュだ。左側が劣化したもの、右側が新品である。


写真7 純正のスラストアームブッシュ

写真7の右側のブッシュには、「BMW」の文字があるのだが、写真6のブッシュには「BMW」と書かれてあるはずのところが削られている。どうやら、これは純正品のOEMのようだ。ちなみに、写真7の左側に写っているブッシュは、といさんの車のものである(笑)。

写真8に互換品のスラストアームと元から付いていた純正品との比較を示す。


写真8 互換品のスラストアーム(上)と純正品(下:使用済み)

写真9は、スラストアームのボールジョイントの部分を裏から見たものである。


写真9 スラストアームのボールジョイントの部分の比較(左:使用済み純正品、右:互換品)

少し、構造が違う(安っぽい?)のがわかるだろう。

また、写真10に互換品のコントロールアームと元から付いていた純正品との比較を示す。


写真10 互換品のコントロールアーム(上)と純正品(下:使用済み)

なお、元から付いていたのはアルミ製だが、今回はスチール製の互換品を購入した。

写真11はコントロールアームのブッシュの部分の比較である。


写真11 コントロールアームのブッシュの比較(左:使用済み純正品、右:互換品)

写真12は、スタビライザーリンクの比較である。


写真12 スタビライザーリンクの比較(上:使用済み純正品、下:互換品)

写真13は、リアのステアリングアームの比較である。


写真13 リアステアリングアームの比較(上:互換品、下:使用済み純正品)

以上の互換品を取り付けたところを写真14,15,16に示す。


写真14 アーム類を交換したところ(フロント) その1


写真15 アーム類を交換したところ(フロント) その2


写真16 ステアリングアームを交換したところ(リア)

作業後は、ハンドルのぶれも全く消えて、コーナーリングが気持ちいい車に変身(?)した。やはり、足回りの部品は消耗品と割り切って、定期的に交換した方がいいようだ。

なお、takeさんによると、やはり互換品は品質が落ちるが、実用上は問題ないレベルだそうだ。コストパフォーマンスを考えれば、互換品もいいのではないだろうか。

末尾ではあるが、持ち込み部品でも嫌な顔一つせずに作業を引き受けてもらったtakeさんに感謝する(ちなみに、持ち込みの場合は作業工賃が1割だけアップする)。


take-Mさんのお店 お店のHPはこちら

take-Mさんのお店に行った際に、少し写真を撮ってきたので、どんなお店か紹介しておこう。

写真17はお店の外観である。


写真17 お店の外観

take-Mさんは、名神高速道路・西宮インターの近くにあり、写真18のような住宅地の中にあるので、場所が少しわかりにくいかもしれない。お店にたどり着くには、お店のWebサイトにある地図を見ておくといいだろう。なお、take-Mさんは、住宅地の中にあるので爆音&暴走は御法度である。


写真18 take-Mさんの近所の住宅地

写真17に見えているピットの中は写真19のようになっている。


写真19 ピットの中

また、建物の2階は写真20、21のような綺麗な店舗になっていて、話をしたり作業を待っていたりすることができる。


写真20 店舗


写真21 店舗(別の角度から)

ここには、写真22のようにオイルから小物までいろんなものが展示販売されている。


写真22 展示販売されているオイル類

今、話題のブリスも売っているようだ(写真23)。


写真23 ブリス

価格も少し安めだ。小分けしたものもあって、ちょっと試してみるのには手頃な値段である。

take-Mのオーナー兼メカニックのtakeさんは、某ディーラーで10年以上もメカニックをしていただけあって、腕は確かである。また、KAZE36さんが主催しているオフ会にも参加しているので、車に何かトラブルがある人は相談してみてはどうだろう。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ