2006年5月12日(金)

メーターリングとカーボンパネル装着 − といさんより

今回は、といさんよりメーターリングとカーボンパネル装着のレポートをいただいたので紹介しよう。どちらも運転席から見える部分だけに満足度が高い改造だ。


今日は以前から用意しておいたメーターリングとカーボンパネルを装着してみました。決して連休中ヒマなのに先立つものがないから仕方なくやっているのではありません。(笑)

今回の画像は一様にボケピンばかりで申し訳ありません、先にお断りしておきます。m(_ _"m)ペコリ

用意したメーターリングです。この段階では先駆者のみなさんが「ブチルがついているので…」と書かれているのに対して、そのブチルが付いてない安物だと思っておりました。

そしてカーボン(調?)メーターパネルです。3Dと記載されているように立体感があり、ニセMマークまでもが貼られています。はがそうとしましたがMシールの上からクリア塗装でもされているよでどうにもなりませんでした。装着用の両面テープは3M製だったのが私を少しだけホッとさせてくれました。

さて作業開始前の見慣れたメーターパネルです。

メーターの取り外しはメーター上部のプラスねじ2本を短めのドライバーで抜くと外れる…はずでしたが抜けません!

ネジ部近くのメーターバイザーを下から上へ押してみると「ミシ」っと音がしました。どうやら挟まって貼り付いていたようです。指を少しずつ差込み、メーターをずらしながら上部を手前に倒しますと予想通りステアリングが邪魔でメーターが外れません。

しょうがなくステアリングを外しますと、するとあっけなくメータは外れました。ちなみにステアリングコラムにメーターのアクリル面が当たりますので当て布は忘れてはなりません。

 

外したメーターを見てみると裏側はブルーなんですね!

しげしげと裏側を眺めているとバルブが入ってない穴があるではないですか!

まずはAIRBAGですが、これは我がE34には付いてないのでバルブがなくて当たり前〜 シートベルトはどうなんでしょ!? バルブを入れたら未装着警告灯が機能するのでしょうか?

チェックエンジンとバッテリー2はどうなんでしょ? もともと付いてないのか前オーナーの意思で取り外されているのかは不明です…( ̄。 ̄;)ブツブツ 今度ディーラーで確認しなくては( ̄^ ̄ゞ

メーター裏側のプラスねじをゆるめると「バカッ」とメーター部とバイザー部が分かれました。

外れたメーターはこんな感じになってます。メーターリングだけならここで装着してしまえばいいのですが、メーターパネルはバイザー部をさらに分解しないといけません。

分解は特にねじがあるわけでもなさそうですので接合部の隙間に精密ドライバーを割り込ませてコジていきました。

「バキッ」っと何度も割れてる音がして嫌な感じでしたが、もう後戻りはできません! できるだけ少しずつ丁寧に進めていきました。

すると周囲を一回りした所で分解できました! が…断面は無残にもバキバキに割れています…┌|゚□゚;|┐

気を取り直してパネルを貼り付けましょう。上の方から少し両面テープの裏紙をはがして慎重に貼り付けていきます。

じわじわ裏紙を引っ張りながら進めていくと貼り付け完了です。

次にメーターリングですが裏側を見るとブチルが付いてました! リングを仮付けしてみるとリングを固定する為に折り返す部分が長く、メーターパネルのフチに当たって完全に折れ曲げられない事がわかりました。

さっそく折り返し部分を短くペンチで切断しました、これで大丈夫そうです。

あとはパパッとリングをはめて折り返してーーーはい、リング装着完了!

そして瞬間接着剤でバイザーを貼り付けてメーターに組み付けて完成〜ヽ(‘ ∇‘ )ノ

完成したメーターを車に取り付けてみましたがいかがでしょうか?

接着剤が少しはみ出て白くなってる所はあるもののインパネの雰囲気が変わっていい感じです! 工期と工費と出来栄えで比較すると、きっと電動格納ドアミラーよりも満足度は高いのではないでしょうか?(爆)


あはは・・・(笑)。確かに電動格納ドアミラーより満足度は高そうだ。といさんのレポートはいつも詳しいので、これから施工する方には有用な情報だろう。

末尾ではあるが、いつも詳しいレポートをいただくといさんに感謝する。


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ