2020年5月30日(土)

DD2号 ワイパーブレードの交換 − 中華製

最近、雨の日にDD2号を走らせると、ワイパーの拭き残しが目立つようになってきた。そろそろワイパーゴムかブレードの交換時期だろう。インターネット通販で見ると、純正ワイパーブレードの左右セットは1万円以上する。いやいや、たかがワイパーブレード2本でしょ?(苦笑)

まぁ、貧乏でかつ貧乏性のDDは純正を買えるはずもなく、今回も写真1のような中華製のワイパーブレードを用意した。価格は1,384円(送料込み)であった。ワイパーゴムだけ交換するよりも随分と高いが、たまにはリッチにブレードごと交換しておこう。


写真1 ワイパーブレード

このワイパーブレードはE60用のものなので、よく見ると写真2のように「5」と書いてある。


写真2 「5」の文字

さて、ワイパーブレードの交換だが、交換する際には写真3のように、ワイパーの当たるガラス部分に何かの緩衝材を置いておこう。というのも、ワイパーブレードを外したワイパーアームが何かの拍子でフロントガラスに当たり、ガラスを割ってしまうことがあるからだ。


写真3 緩衝材を置いたところ

ワイパーアームを立てたら、写真4のようにワイパーブレード取り付け部分を両側から押すと、ワイパーブレードを外すことができる。


写真4 ワイパーブレードの外し方

取り付けるときも同様にすればいい。さて、新しいワイパーブレードを取り付けようと思ったのだが、何かおかしい。よく見ると、写真5のようにエアロワイパーの向きが逆になっている。


写真5 向きが逆のワイパーブレード

なんかやっぱり中華クオリティだなぁ・・・。この向きを直すには、まず写真6の金属のピンを外す。


写真6 金属のピン

これを外すには、何か細いものを使って、写真7のようにこのピンを押し出せばいい。


写真7 ピンを押し出しているところ

このピンを抜き、写真8のようにワイパーブレードの向きを直してから、再びピンを入れればいい。


写真8 ワイパーブレードの向きを直したところ

ご丁寧に2本のワイパーブレードとも、上記写真のように逆向きになっていたので、向きを直してから取り付けた。写真9に交換後のワイパーブレードを示す。これで拭き残しはなくなるかな?


■ E34のパーツ ■    ■ E39のパーツ ■    ■ E60のパーツ ■
■ E46のパーツ ■    ■ E90のパーツ ■    ■ F30のパーツ ■


<<前の記事へ   次の記事へ>>

ご質問はddkunnejpgmail.comまで。

メンテナンス一覧へ