備忘録 DIYでミラー格納機能回復 2019年7月23日
E39 530i M-Sports  登録 2002年 走行距離 72,000q
備忘録レベルの粗い表現で申し訳ありませんが、対処方法の判断材料になれば幸いです。
ミラーの開閉トラブルに悩まされている方、多いかと思います。 
オークションで単純交換、業者さんに現品修理依頼、新品購入・・・の選択肢があるかと思いますが
どの選択肢もサイフに優しく無く魅力薄です。
今回、自身でパーツを手配しDIYにチャレンジしてみたところ、意外と簡単で財布に優しかったです。
焦らず、落ち着いてやれば問題は起きません。 特殊な工具も不要で基本的な初級の知識でOKです。
只、パーツの紛失だけは注意して下さい。 私は紛失したので一部、自作しました。
パーツは発注から商品到着まで10日程度。
作業時間は1時間ちょっとで屋内・屋外どちらでもOKです。
モーターとかギャ以外はホームセンターとかカーショップで入手出来ます。
初めて海外通販(ebay)で購入しましたが英語力基本不要です。
作業手順も検索すると YouTube とか フォーラムで先人の方々が紹介されています。 
YouTUbeは何回も見ていると伝えたいことが理解できると思います。
フォーラムの投稿内容は無料の翻訳サイトを利用すれば理解できるかと思います。
参考にしたサイト
投稿 ttp://bimmerboard.com/forums/posts/819508/
YouTube ttps://www.youtube.com/watch?v=hmX7y-a-2GU
参考となる部分は冒頭からギャ交換に必要となる所までです。
ミラー本体にグラつきがある方のみ最後まで見て下さい。
パーツは海外サイトで購入出来、「ギャのみセット」または「ギャ + モータ」の2種類が見つかるかと
思います。  発注〜決済までの手順は色々なサイトで紹介されていますので安心して下さい。
参考
google とか ebayで検索時に使ったキーワード(一部)
E39 Mirror Folding Motor Gear
今回発注パーツ
DSC_0001 届いたパーツ.JPG
前回はギャのみ交換で対応出来ましたが、今回はトラブル再発+モータ衰弱状態でしたので
モータ付きの商品を発注しました。 発注から約10日でトルコから到着です。
接続端子は自作対応となります。 素材は電流が流れれば何でもOKです。
但し、リード線は0.5seqが限界と思います。
作業時注意事項
作業を行うときはウォームギャと手配したピニオンギャ両方の交換をお薦めします。
純正のピニオンギャは柔らかく手配したウォームギャと接触すると簡単に摩耗する見たいです。
ウオームギャのみ交換した時は10数回のミラー開閉で再発しました。
元々のウォームギャはプラスチック製ですから当然かも知れません。
ピニオンギャを交換される方向け大切なお知らせです。 (図はイメージで、サイズは目安です。)
約21mm
ピニオンギヤ
約14mm
9mm
約4mm  約4mm
※モータ側ピンとギャの隙間は「ミニ四駆補強プレート」の厚み(約2mm)に相当します。
モータ側のピンは2分割構造で比較的容易に抜くことが出来ます。
ピニオンギャの抜取はピニオンプーラーが無くても問題ありませんが強引に抜かないでください。
モータピンのセンターがズレて最悪、モータ使用不可になります。
ピニオンギャは真鍮製と思えるほど柔らかくヤスリor金ノコなどで容易に削れ、モータから取り外せます。
ピニオンギャ交換時、必要に応じて0.5seq迄の太さの線でモーター配線を延長して下さい。
0.5seqの配線は容易に調達できます。 ハンダ処理は好みで。
モータ先端側ピンを紛失時は直径2mmの真鍮または銅のクギで作成できます。 私は紛失しました。
パーツは海外サイトで購入できます。
パーツは「ウォームギャ+ピニオンギャ」または「ウォームギャ + モータ組込済ピニオンギャ」の
2種類が見つかるかと思います。  発注〜決済までの手順は色々なサイトで紹介されています。
参考
google とか ebayで検索時に使ったキーワード(一部)
E39 Mirror Folding Motor Gear
本題に入ります。自己責任で下記を参照してください。
ギャ & モーター交換編 (目新しさありません。 既知の手順です。)
DSC_0035 手順-1.JPG
@ ミラーを上に向けます。 
電動or手動で上向きにしてください。
A マイナスドライバーを差し込んで矢印方向へ
スライドさせるとロック外れます。
ハメ込み式のタイプの方はハメ込み式の
脱着方法でお願いします。
B ミラー外します。
曇り止め、防眩用の配線外します。
防眩用の配線は矢印のようにカプラーを
下方向へを押し下げて引っ張ると外しやすい
かも知れません。
C プラスネジを外しインナー側カバー外します。
D マイナスドライバーを使って優しくツメを外し
アウター側カバー外します。
ツメを折らないよう注意してください。
E プラスネジを外しミラー角度調整ユニットを
外します。車体に傷が付かないよう養生を
してください。。
養生例
タオルをドアに挟みパーツ接触部分の
ダメージを軽減させる。
DSC_0048 手順-6.JPG
F ミラー取付フレームのみの状態になります。
G プラスネジを外しモーターカバーを外します。
ネジの頭を痛めないようネジ頭サイズに注意。
DSC_0055 手順-8.JPG
H モーターカバーが外れた状態。
DSC_0057 手順-9.JPG
I マイナスドライバーを割り込ませ気持ち
知恵の輪感覚でカバーを外します。
DSC_0058 手順-10.JPG
J 上手く行けば簡単にこんな状態になります。
DSC_0062 手順-11.JPG
K カバーが外れるとギャーorモーターの交換が
出来るようになります。
注意
ウォームギヤの両サイドには直径数ミリの
マグネットタイプの円盤があります。
紛失しないようにしてウォームギャを
交換してください。
モータ側交換時も同様でモータ先端部に
あるピンガイドも紛失しないでください。